« 『東京バンドワゴン』 | トップページ | 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』の日記 »

2008年6月 8日 (日)

少年よ大志をいだけⅣ

西洋美術史勉強会開催ということで、土曜日に ホクホクと 参加してきました。いつものように緊張してむかう。いつの日か慣れるのでしょうか。
前回、クリムトでしたのに欠席しちゃったのが未だに残念。「北方ルネサンス」、「死と生」、「西洋美術に見る影」に引き続き、今回のテーマは「ネオプラトニズム」ボッティチェルリのプリマベーラと、ヴィーナスの誕生をみてネオプラトニズムについて学ぶ。フィレンチェで、見る前にこれをしっていたらなぁ。これからの人生でまたみる日があるかもしれない。そのときには、とびっきり興味深くなるだろうなぁ。
今回も、感心しきり。楽しかった。
そして、今日は英文献購読の勉強会にはじめて参加。昨日なんて目じゃないほど緊張。美術書って難しい。日本語でも、理解するためにはよく考えないとわからない。 脳のおとろえにがっかり。ほかの参加者の勉強ぶりに、努力と継続の力を感じました。できないながらも、勉強になりました。脳をいっぱい使いました。
先生が素敵だから、内気になっても続いています。
+αもあります。それは、出席者。いろんな刺激をうけました。なんでも、自分でやってみたらいいのだなぁ、勉強って。誰かに指示されてやるものじゃないのだな。続けていれば、学ぶことがくせになるのだな。うかうかしてる場合じゃない。知ることって面白い。苦しくて。ワクワクする。今、とびっきり前むきのマイチィ☆であります。

|

« 『東京バンドワゴン』 | トップページ | 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』の日記 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年よ大志をいだけⅣ:

« 『東京バンドワゴン』 | トップページ | 酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』の日記 »