« 『はなうた日和』 | トップページ | 囃子と踊りの競演 »

2008年7月31日 (木)

『写楽・考』

北森鴻の『写楽・考』(新潮文庫)を読む。蓮丈那智フィールドワークシリーズ『凶笑面』『触身仏』を読み直してから 読もうと思ったが、辛抱たまらずに読む。
今回も、びっくり。特に最後の写楽・考。いいの?本になんて書いていいの。学会で発表しなくていいの?とトンチンカンなことを思うほど。すごい。学問ってこういうことなのですね。あぁ。
最後のびっくりには、本当にびっくりしました。途中のびっくりにもびっくり。とにかく感心しきり。
登場人物の個性が実に、魅力的。「ミ・ク・ニ」とささやかれる声を想像したり、大いに楽しむ。新顔 佐江由美子が入ってくる。強すぎないぐらいだが、普通じゃない個性がいい。今回は、宇佐美陶子さんも出てくる。このシリーズも読み返したくなる。そして、狐目の教務部主任。この人のくせのある感じがまたいい。
登場人物の個性が実に、魅力的。内容がいい。考察がすばらしい。できすぎ!
一話完成するには、相当な時間が必要なのだろうなぁ。ゆっくり大切に読むので、これからもずっとお願いしたい。
解説を読んでいて、絵画にからむミステリーが沢山紹介されており、あれもこれも読みたくなった。

|

« 『はなうた日和』 | トップページ | 囃子と踊りの競演 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽・考』:

« 『はなうた日和』 | トップページ | 囃子と踊りの競演 »