« ほおずき市 | トップページ | アフタヌーンティー と 海老蔵祭 »

2008年7月12日 (土)

「対決-巨匠たちの日本美術」

昨日、東京国立博物館にいってきました。平成館での企画展は、最初の夜間公開日にいくべしというのが、マイルールなので。
金曜の夜間公開は狙い目の時間帯とはいえ、この企画。相当混雑するだろうと、やや覚悟して向かいました。割とはいっていました。作品が大きいので、このぐらいの人ならみやすかった。
国宝10余件、重要文化財約40件を含む、計100余件の名品が一堂に。100点ってありすぎです。いくら巨匠の作品とはいえ、最後には、集中力をなくしてしまいそう。そんな心配は御無用。だって、面白いのだもの。次から次へ、口をあんぐりとあけてしまうかっこういい作品がめじろおし。 こういうテーマで並べているようです。
 ■ 運慶 vs 快慶  —人に象る仏の性—
 ■ 雪舟 vs 雪村  —画趣に秘める禅境—
 ■ 永徳 vs 等伯  —墨と彩の気韻生動—
 ■ 長次郎 vs 光悦 —楽碗に競う わび数寄の美—
 ■ 宗達 vs 光琳  —画想無碍・画才無尽—
 ■ 仁清 vs 乾山  —彩雅陶から書画陶へ—
 ■ 円空 vs 木喰  —仏縁世に満ちみつ—
 ■ 大雅 vs 蕪村  —詩は画の心・画は句の姿—
 ■ 若冲 vs 蕭白  —画人・画狂・画仙・画魔—
 ■ 応挙 vs 芦雪  —写生の静・奇想の動—
 ■ 歌麿 vs 写楽  —憂き世を浮き世に化粧して—
 ■ 鉄斎 vs 大観  —温故創新の双巨峰—
今回、一番ぐっときたのが、芦雪の『虎図襖』。6面のうち4面が来ていたようです。襖4面を使った大きな虎。4面よりももっと大きな虎のようです。これを、虎をみたことがない人が描いたとは。顔よりも、おおきな前足。とびかかりそうな虎。でも、目は猫。水墨で描いているのに、ふわふわとした毛や、筋肉の躍動が、見事。 その横の応挙の『猛虎図屏風』は、金箔の屏風。あざやかで虎との違いが面白い。
光悦の『鶴下絵三十六歌仙和歌巻』の構図のかっこういいこと。ほれぼれしました。鶴の羽音がしそう。きれい。宗達の『扇面散屏風』も華やかさも見事。
円空の『虚空菩薩立像』の素朴な力強さ。木喰の『葬頭河婆座像』のおかしいほどの強さ。
一番驚いたのは、蕭白の『群仙図屏風』。なんだコリャ!?その前に水墨のものすごい迫力の獅子や寒山拾得のあとに、こんなにあざやかで奇妙奇天烈な仙人たちが。三本脚の蝦蟇を肩に乗せ、美女に耳掃除をしてもらったり。蝦蟇をつれているってことは、雪村の『蝦蟇鉄拐図』にいた仙人だわ。鉄拐仙人の衣のたなびき方もすごい。モダンアートより、奇抜でした。
最後は、横山大観。『雲中富士図屏風』あっぱれな構図。。「対決-巨匠たちの日本美巨術」
巨匠たちのセンスのよさに参りました。
対決っていうよりも、比べることにより より両者の格好よさが引き立つ。好敵手がいるからこそ、燃えるという感じ。團菊みたい!? 一人勝ちをしていたのでは、生まれてこなかった作品なのかもしれません。師匠と弟子という関係であってもね。あー面白かった。

本館の「大日如来坐像」も、もう一回みてきました。今度は、本館12室 特集陳列「二体の大日如来像と運慶様の彫刻」という展示方法でした。比べるものがそばにあるとより面白い。真如苑蔵のこの像は、海外のオークションですごい金額がついたことばかり印象的ですが、そんな見方をしてはもったいない。いいお顔のきれいな像です。横顔が涼しげで美しい。

おまけ情報
007_2 東博のHPから、いい情報を発見。(そこから朝日のHPにとんでいるみたい) 7月の金曜夜間来場者、先着200人に山口晃さんが書き下ろした屏風型巨匠カレンダーをプレゼントですって。あまりしられてないかも。入場前に、インフォメーションカウンターでカレンダー希望ですとうと、合言葉をいわされるの。係「山(やま)」 私「口(ぐち)」。入場前のみ、権利があるそうです。特別プレゼント大好き。うれしかった。

|

« ほおずき市 | トップページ | アフタヌーンティー と 海老蔵祭 »

コメント

>マイチイさま
>7月の金曜夜間来場者、先着200人に山口晃さんが書き下ろした屏風型巨匠カレンダーをプレゼントですって。
欲しい~。
スリリングな展示でした。本当に楽しかった。重さだけの理由で,公式の図録ではなく,ぴあの本の方を購入しました。よかったのかしらん。

投稿: とみ | 2008年7月16日 (水) 19時59分

とみさま
とみさも、いらしたのですね。ブログの写真を拝見して、週末の並び具合がよくわかりました。参考になりました。あのぐらいなら、まだいいですね。
屏風型巨匠カレンダーは、きりはなすと、ポストカードになる仕様でした。プレゼント大好きなので、うれしかったです。合言葉をいうのは、少々照れくさかったです。
公式の図録も魅力的ですね。いろいろな特集本がでているので、いまだにどれを買おうか迷っているところです。
魅力的な展示でしたね。

投稿: マイチィ☆ | 2008年7月17日 (木) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/22239259

この記事へのトラックバック一覧です: 「対決-巨匠たちの日本美術」:

» 象る [なつみ日記]
世界を支える象 て、三匹の象が支えている」と習った記憶があります。1.この絵が... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 23時01分

« ほおずき市 | トップページ | アフタヌーンティー と 海老蔵祭 »