« 絵空事師・河野通勢 | トップページ | マジックアワー »

2008年7月 2日 (水)

森山大道展

美術館鑑賞 覚書
先週、写真美術館にいってきました。「 森山大道展 Ⅰ.レトロスペクティヴ1965-2005, Ⅱ.ハワイ 」
Ⅰ.レトロスペクティヴ1965-2005
若者でいっぱいの会場。モノクロの写真なのに、なぜかみずみずしい。ギラギラしたり、やらしかったり。とかく、強烈にうったえてくる。犬の振り返った写真。ワンちゃんと呼べなさそうな迫力にみちている。新宿も、洒落たとこでなくギラギラした街のころ。人も。PCや携帯電話なんかがなく、スマートに暮らしていないころの息吹がある。面白い写真だった。
Ⅱ.ハワイ
点数の多いI.の会場をあとに、下の階へ。Ⅱ.の会場へ足を踏み入れたとたん、今度は大判の同サイズの写真がいっせいに並ぶ。この切り替え方も面白い。
最後は、映像。小部屋にいっぱいの人。椅子や壁がわだけでは収容できず、床にひいた座布団に座って、森山の撮影の様子映像(50分)のビデオをみる人々。会場外の大きな画面でも、同じ内容の映像がながれている。そこにも沢山の人が。
こんなに活気のあふれる(しかも若い人で)、写真の展示は久しぶり。著名な人を写した作品でなく、森山大道の作品をみにきた人ばかり。私のように知識のない人でも、ひきつけられる写真だった。魅力的ともちがう何かがありました。

|

« 絵空事師・河野通勢 | トップページ | マジックアワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/22036952

この記事へのトラックバック一覧です: 森山大道展:

« 絵空事師・河野通勢 | トップページ | マジックアワー »