« 『太陽の塔』 | トップページ | ジャージの二人 »

2008年8月 6日 (水)

女教師は二度抱かれた

昨日 シアターコクーンに、「女教師は二度抱かれた」を見てきました。ひさびさの大人計画。
えっ、染五郎丈でるの?えっ、大竹しのぶちゃんがでるの?すごーい。えっ、クドカンでないの? てな感じ。何の話かも、誰がでるかも、よくわからずに向かったのであった。それでもすごーく楽しみに向かったのであった。
ひさびさの大人計画は、やっぱりものすごかったです。
若いときの想いにのしかかられる感じが、すごかった。追い詰められ感とか。逃げ場のなさとか。松尾ちゃん大丈夫?なんだかむくんでいるようにみえて、いろいろ勝手に心配する。
怪優 大竹しのぶ。どんどん サンセット大通りみたいになっていく。あまりにも うまいので、どうにもならなさに息苦しくなりました。
阿部サダヲはすごか。歌舞伎のまねをする役者さんをみてると、どうもむずかゆくっていけない。野田秀樹が真似してみせるのですら、悪いけど鼻で笑っちゃう感じ。なんか照れだか、妙によいしょしてるんだか、中途半端さがイヤ。そんなんじゃないでしょと思う。 ニンゲン の松尾ちゃんやクドカンのは、クスって笑えました。 ところがね阿部サダヲは、すごか。ちゃんと自分の中で消化しちゃってるというか。個人の思う歌舞伎というものがちゃんとあって、すごく面白かった。ありがったがってないところがいい。(もちろんバカにもしていないし)。なんか こんな感じのでしょって表現の仕方が、よかった。大笑いした。キレがすごいから、面白くて格好いい。わたしが個人的に持つ歌舞伎役者の素のイメージ=あこがれるけれども、近づくのはためらわれる 緊張感のある感じ が、絶妙だった。
染五郎さん、健闘されていたのではないでしょうか。歌舞伎風味一切なし、太いんだか細いんだかわからない感じが面白い。あのペースでは染さん、後半 声かすれるね。阿部サダヲをみてると、とばしたくなる気持ちはわかるけど。そんな心配もしてみた。
筋立ても役者もいい。でもなんだか散漫になる。あと一練りできたのでは というもったいなさが残る。そこがちょっと疲れた。 やっぱりすごかった。
勘三郎ご夫妻が鑑賞なさってました。そういうおまけの楽しみ大好き。すこぶるうれしかった。(一緒にみちゃった。)

|

« 『太陽の塔』 | トップページ | ジャージの二人 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女教師は二度抱かれた:

« 『太陽の塔』 | トップページ | ジャージの二人 »