« 『南九州温泉めぐりといろいろ体験』 | トップページ | 秀山祭 歌舞伎座・昼の部 »

2008年9月12日 (金)

20世紀少年

じゃーんじゃじゃじゃ じゃんじゃじゃんじゃん。20世紀少年を見てきました。
おさるに、漫画をどーんとまとめて貸していただく。読む前にみるのも、ありかもということなので 先に映画を見てきました。怖かった。えらいことになりました。っていったら一言で終わっちゃうなぁ。
自分
で書いたことが本当になる怖さ、しかも、自分が書いたことすら忘れている子供のころこと。その上、世の中が滅びていくことにんなるなんて。恐ろしい。ものすごい話だ。すごいぞ、この漫画。 ぱっとしない普通の人の身におこるところ、新興宗教という形で大勢の人が同じ方向の考えをすること、ジワジワと責めくるものがありました。 役者もうまいので、映画のチャチさを笑うところもないし(文句?)。あれこれ考えちゃってぐったりする。もしかして、あれはXXでは?と想像し、ことごとく外れる。 うわー。ちょっと電気つけてよー 暗いと怖いよー と思いつつ真剣にみる。
映画界の宝 香川照之さん。へなちょこぶりは、さすがでした。宇梶がでてくると、いちいち ちょっとうれしくなる。中村嘉津雄さん、飄々としてよかったな。唐沢くんのケンジぶり、少しづつ使命感をおびていくとこがいいわ。 小学生時代の面々もみごと。
第1弾の今回、ちょい役でお笑いが2組でてました。タカ&トシとオリエンタルラジオ。 第2段にも、お笑いを配置するのかしら。それならジョイマンをお願いしたい。そんな〆。

|

« 『南九州温泉めぐりといろいろ体験』 | トップページ | 秀山祭 歌舞伎座・昼の部 »

コメント

え、宇梶好きなんですか?
宇梶のチュウはどうかなー。
チュウと演技についての俺たちの考察は面白かったね。

案外次回予告が一番盛り上がった...
新太ちんに注目!どすな。
マンガ全部読んだらともだちの正体教えてネ
↑わかってないのかーーーー

投稿: noppy | 2008年9月13日 (土) 19時51分

「え、宇梶好きなんですか?」
「別に。」
宇梶好きかもという自分がいました。。
全体的にでっかくてエラソウだから、好きなタイプじゃん。

チュウと演技についての考察の学術本の執筆がんばってね。印税で、左ウチワの生活ね。結局、左ウチワの生活がまっているんじゃん。

ともだち、だれだろう。
新太ちんじゃないの?
映画みてて、ともだちの正体がマイチィ☆ってことになったらどうしよう。こわいよー。

投稿: マイチィ☆ | 2008年9月13日 (土) 22時00分

>☆マイチイさま
>映画のチャチさを笑うところもないし(文句?)。
はりぼて感がたまりません。教団も1970年代そのものが張りぼてでした。
その年代を生きて日本の風景を汚くしたものとして猛省です。

投稿: とみ | 2008年9月14日 (日) 09時49分

とみさま
教団といいますか、集団の力の怖さに震えました。自分の考えをなくしているってことに気がつかない怖さ。
張りぼてという表現、なんとなくわかる気がします。
漫画を読んで、よく考えてみようと思います。自分の考えで。
とみさま、いつも思うのですが、いろいろなものに興味をもられますね。自分で範囲をせばめないところが、特にすごいなぁと思います。

投稿: マイチィ☆ | 2008年9月15日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/23698073

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年:

« 『南九州温泉めぐりといろいろ体験』 | トップページ | 秀山祭 歌舞伎座・昼の部 »