« 20世紀少年 | トップページ | 鎌をくわえたニクイお方~演舞場夜の部~ »

2008年9月13日 (土)

秀山祭 歌舞伎座・昼の部

歌舞伎座へ。昼の部を鑑賞。3階Bの中で、あそこは観やすそうだなぁと あこがれていた席で鑑賞。すこぶる気に入りました。
昼の部最初は、「竜馬がゆく 風雲篇」。
竜馬、昨年もみたわと思いましたが、今回のはその続編だそうです。といわれてもよく覚えていません。自分のブログにて自分を確認。ほぉ。歌六さん歌昇さんの見分けがつくようになった月らしい。そうそう、染さんの喉がかれていました。今年は、大丈夫でした。
丁寧に政策を語ってくれてわかりやすいのですが、まっとうなのだもの。新しい時代のものより、古い時代の方が好きだなぁ。私には、新しいすぎ。 おりょうの亀治郎さん、とにかく楽しそうでした。イキイキしてました。皆も喜んでました。面白かったし。面白いといえば、西郷吉之助の錦之助さん。みんなが思い描く西郷に仕立ててあって面白かった。中岡の松緑さん、若々しくあつい男でした。亀治郎さんが、さらったなぁ。
あっ、今年の竜馬も、暗かった。幕あけのところ、2階から飛び降りているのに よくみえない。何人いたかもよくわからない。もっと光を。
次に「ひらかな盛衰記 逆櫓」
やったぁ、歌六さんだわ。船頭の権四郎と娘およし。歌六、東蔵という親子。うれしい。
木曽義仲の子? 駒若丸?あれ?実盛物語で、葵御前が無事産んだ子は駒王丸、のちの木曽義仲。この子は、その義仲の子なのね。とにかく演舞場の実盛に繋がる話のようです。どんどん、興味がわく。ありがとう海老蔵さん♪ はじめて、こんなに集中して ひらかな盛衰記をみました。あと、歌六さん、東蔵さん、芝雀さんの力。あの取り違えた子を返してくれと頼むところの場面は、すばらしかった。ものすごく むごい話なのだけども。本物の槌松が亡くなっているから。そのことを知らずに、槌松に会えると喜び表まで探しにいく歌六さん。弁慶みたいな人形ももって、おーいと探しにいく。みている方は事実がわかっているから、その明るさがつらい。はしゃいで持った人形の首が落ちる。拾いながら、ふと不安な顔をするところがすばらしかった。ホロリとしました。仇を討ってやると息巻くさま。泣かされました。
船頭 松右衛門 吉右衛門さんは大きかった。見どころの「権四郎、頭が高い」のところはさすがでした。でも、歌六さん贔屓でみていたので、忠節がつらかった。
歌昇、錦之助、染五郎登場してからの方が、場面も変わるし、立ち回りも多く派手なのですが、今日はとにかく 歌六さん、東蔵さん、芝雀さんの取り違えられた子の行方がわかる下りが心にしみました。
最後に一番のお楽しみ。「日本振袖始」
玉三郎さんは、やっぱり別格。実感。美しい。怖くても神々しい。岩長姫 実ハ 八岐の大蛇。毒酒を飲んで酩酊。そのまま、生贄に差し出された稲田姫(福助さん)を喰ってしまえと思いました。この世をおさめていただいて結構ですと思いました。ちょっと暴力的。
美しい岩長姫が登場。七つの酒瓶をみて、目を輝かしてがぶがぶと飲む。稲田姫をとりこみ岩戸に消える。 ここで大薩摩。巳吉せんせい(←勝手に指導をうける際には、師匠はこの方しかいらっしゃらないと決めお慕いしている。妄想上の師匠。)登場。かっこいい。しびれました。 大薩摩のあと、素盞鳴尊登場。八岐の大蛇危うし。たとえ討たれてしまっても八岐の大蛇の存在感の大きいこと。歌舞伎座にきたなぁという、豪華な気分になることができる演目でした。

|

« 20世紀少年 | トップページ | 鎌をくわえたニクイお方~演舞場夜の部~ »

コメント

うぅ~やっぱり「逆櫓」は評判がよろしいようですね。

歌舞伎座の昼に行きたいのですが、そうすると演舞場の昼の部を再見する日にちがなくなってしまうし...両方いっぺんに見られないかと画策してみましたが、逆櫓と実盛物語がちょうど時間が重なっているんですよね(涙) 

もうちょうっと様子みて、最後は思い切ってお尻まくっちゃって両方見ちゃおうかひら(^^;

投稿: kirigirisu | 2008年9月14日 (日) 01時14分

いつも楽しく読ませていただいてます。

今月は木曽殿の三代にわたる歴史を二座で見られましたね。そこで追加情報をちょっとご披露。

実は逆櫓の駒若丸が、鏡山で大姫が死を嘆いている義高さまその人なのですよ。
頼朝の娘大姫と、義仲から人質として鎌倉に差し出された義高が娶わせられたんです。義仲の死後、頼朝の手のものにより殺されてしまいました。大姫は嘆きで気がふれたとか。

一方、実盛が駒王丸を預けた先が、樋口兼光の父親です。
ということで、実盛と樋口は旧知の仲。
そこで、実盛が名を名乗らぬまま手塚に討たれ、首実検の際「髪を染めて戦場に臨む」といっていた言葉を思い出して、洗うことを勧めたのは樋口です。
加賀の首洗池の辺には、恩人の首を膝に涙する義仲、大将所縁の人と知らずに討ったことを申し訳なく思い項垂れる手塚、友の死を嘆く樋口、三人のドラマチックな銅像があります。
首を見た樋口が「あな無惨、実盛にて候」と言ったのを受け、後年奥の細道で神社に納められた実盛の兜を見た芭蕉が「むざんやな 甲のしたの きりぎりす」と詠んでいます。

投稿: お邪魔虫 | 2008年9月14日 (日) 21時37分

kirigirisuさま
今月は無理しても、「逆櫓」をぜひ。
あの、歌六さんはすごいです。
でも、演舞場の昼の部の再見も必要だと思うの。
今月、演舞場にいくと なぜかいつも胃が痛くなります。
入れ込みすぎかしら。
今日もいたくなったわ・・・

投稿: マイチィ☆ | 2008年9月16日 (火) 00時18分

お邪魔虫さま
ようこそおいでいただきました。
コメントを読んで、声を出して驚きました。
よく読み、演舞場夜の部にいってまいりました。
幕あけの場で、姫が剃髪を希望し、それは亡くなった許婚・木曽義高の菩提を弔うためであり、それがあの歌舞伎座の小さな駒若丸なのですね。
それをお家騒動が絡んで、あんな騒ぎに。ほー。
演舞場昼の部再見予定ですが、その前にも、もう一度復習してのぞもうと思います。
シアターコクーンでの『わが魂は輝く水なり』での老いた実盛の話のことも、思い出し、丁寧にみてこようと楽しみにしています。
また、教えていただけたら嬉しいです。

投稿: マイチィ☆ | 2008年9月16日 (火) 00時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭 歌舞伎座・昼の部:

« 20世紀少年 | トップページ | 鎌をくわえたニクイお方~演舞場夜の部~ »