« 『ユージニア』 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート »

2008年10月 9日 (木)

『本当はちがうんだ日記』

何?日記?ストレートなタイトルだ。おさるのブログをみて、早速購入。穂村弘の『本当はちがうんだ日記』(集英社文庫)を読む。すばらしいまったり感。サンキューおさる。 著者は歌人だそうだ。そうと知って読むと更におかしい。読みのがさなくてよかった。
冒頭の私はエスプレッソが好きであるのくだりが最高。今の私はまだ本番でない。この先素敵になるのだ。そうそう、私もそう思って毎日生きてます。なので、大きくなったらXXになりましょうと提案したりしちゃうの。(パフィとか)。 あー もうすでに充分 大人なのに・・・ いつまでも、この先 蝶になるはずだわと、さなぎ気分で生きています。心配の仕方が、我がことのよう。 一冊丸ごと、全てに同意するわけではないの。でも特別な環境でなくても、身の回りのことでも、妄想ってし放題なのよね。
途中で、そっと妻っていう単語がでてきました。えっ。違うじゃん、言ってたことと。どうどうと書かず、そっとこの単語を忍ばせる自意識さに、またほくそ笑む。おこらないでね、みんなって感じもあるのではなかろうか。
恥をかいたらどうしようと、嫌われたらどうしようと ついつい思ってしまう。そこで、いらぬ説明を長々してしまいがちです。面白いことをいえない人間なので、とか言ってから話すとかね。 著者は、ただ黙ってる。その弱気で、かつ心の声はめまいがする程うずまいている その自意識過剰な感じに、ぐらっときました。気に入っちゃった。
さらに、解説のみごとさ。三浦しをん大先生。うなりました。解説読むためだけに買っても悔いないほど。 
オールオッケーな一冊でした。

|

« 『ユージニア』 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/24370177

この記事へのトラックバック一覧です: 『本当はちがうんだ日記』:

« 『ユージニア』 | トップページ | 巨匠ピカソ 魂のポートレート »