« 花形歌舞伎初日 昼の部 | トップページ | 横浜三回忌 ~鑑賞編~ »

2008年11月 3日 (月)

花形歌舞伎初日翌日 夜の部

初日に興奮しすぎたせいかしら。昨晩、頭痛に襲われる。今日は用事をとりやめにさせてもらって、夜の部まで休養。予定がとりやめになるとがっかりしちゃうのに、人にしてしまいました。すみません。しちゃいけないなぁ こういうこと。 バファリンのんで、演舞場 夜の部にいってきました。そしてまた興奮する。学ばないなぁ。

「伽羅先代萩」
夜の部も通し狂言。難しいこの演目 なのにじっくりみせてもらいました。花形歌舞伎なんてものじゃない。 しっかりした舞台で、驚きました。みごたえありました。
花水橋; 亀三郎さんの頼兼、声がいい。うまい。いつももっと活躍してほしい。男女蔵さんの絹川谷蔵も似合ってました。発端ですが、そんなにわかりやすい場面ではないのが不思議。
竹の間・御殿; みごとでした。菊之助さん、達者ですね。鶴千代と千松をみつめるまなざしの違いも、きちんと伝わる。情の深さ、主を思う気持ち、子を思う気持ちがよくでたうえ、毅然としていて格好よかった。立派だなぁ。愛之助さんの八汐、ややはりきりすぎのようなところも ちょっとありますが、すごかった。わかりやすい策略、ものすごい意地の悪さ、そういうのが気持ちいいほどでていました。政岡と、八汐の間がすごい。バチバチと音がしそうで、ワクワクしてみました。沖の井(門之助さん)と松島(吉弥さん)もいいの。八汐側かと思いきや、毅然として善をつらぬく。気品があって、よかった。 鶴千代と千松もすばらしかった。鶴千代の、政岡を牢獄へやらぬとしっかりと言い放つところにじーんとしました。さすが、上に立つ人は違うと思っちゃった程。千松のけなげさにも泣かされました。えー子や。
床下; 菊之助さんの政岡に、うっとりしていたところ、床下。獅童さんの男之助がでてきたあと、ドロドロドロと煙が立ち込め、すっぽんから仁木弾正登場。海老蔵さん。せりあがってきました。最初、目がでてきたところで、すでにノックアウト。ひえーかっこいい。巻物をくわえ登場。一言も発せず、花道を、じりじりと去っていく。それだけ。でもそれだけじゃないの。ものすごい存在力。妖術くらいつかえそうでした。劇場中が息をのんで、凝視する中、静かに、力強く、ひっこむ。なんでしょう、この吸収力。全員にじっとみられても、そんなの跳ね飛ばしちゃうほど自分から光をはなっちゃう感じ?もう、この記憶しか残らないほどすごかった。ここ見るためだけに、世界中から来てもいいのではないかしら。(←これは大袈裟。) そのくらいすごかった。
対決・刃傷; こんどは、しゃべりました仁木弾正。でもすごいのは目力。目を左から右に動かすだけで、ふるえあがるほど怖い。その証拠の品もとりあげろと目でいうところなんて、ひえーっと声を出しそうになったほどの迫力。外記の男女蔵さん、ヨボヨボと必死に正義をつらぬこうとがんばってました。息子の民部、亀三郎さんもきりっとしてよかった。でも、あの目力男、仁木弾正にはかないません。あーかっこいい。その上、衣装も似合う。あの黒にあられのような裃、すごく似合う。悪くて、強くて、かっこいい。 そこへさわやかに細川勝元 松緑さん登場。気持ちのよい正義の味方でした。 対決の場で、いつも不思議なのは、弾正だけ足袋をはいていること。あとの裁きの場に出されている人は、みな裸足なのに。今日も、不思議に思う。 
最後に刃傷。もう この弾正の迫力といったら、尋常じゃあ ありません。今月、それを止める侍達の内、何人か本当に 弾正に刺されてしまうかも。そんなこと心配するほどの迫力。花道から客席をじーっと見回してはいってくる弾正のこわいこと。外記に似た人がいたら、観客でも斬られるかも。大迫力。何をしても、歌舞伎っぽい大袈裟さが、なんともたまりません。ちょっと眉毛の動きが止まるといいのだけど。こんな大迫力みたことない。大満足。悪は滅びる、正義は貫かれる。そういう話だけど、悪のすごさが印象に残りました。
大満足。
最後は、「龍虎」。暗闇の中、竹本の演奏がはじまる。そっちに夢中になりました。いろんなことが盛り込んである踊りのようです。いろいろいいたいことがあるのは、伝わりましたが、何をいいたいかまではちょっとわからなかった。三津五郎さん振り付けだそうです。最後の場にびっくり。きれいでした。

余は満足じゃ♪

|

« 花形歌舞伎初日 昼の部 | トップページ | 横浜三回忌 ~鑑賞編~ »

コメント

二日間どっぷりアリガトウー
体調悪いときにムリする方がいかんので、がっかりしてないよ。
こちらも限界への挑戦だったから渡りに哲也。大門軍団。
それに頭痛は俺のせいでもあるのだから...(なんで)

にしても仁木弾正かっちょよかったぬーん。
うっかり海老バカになりそうでしたよ。あぶない、あぶない。
盛りだくさんの花形歌舞伎でしたが、案外さらっていったのは...
誰だ!?

投稿: noppy | 2008年11月 3日 (月) 11時08分

うぅ~ 早くドロドロドロが見たぁ~い
大作なので少し慣れた頃と思っていたのですが
これは早いとこ夜の部も行かねば

季節の変わり目は体調を崩しやすいので
ご自愛くださいませね。

投稿: kirigirisu | 2008年11月 3日 (月) 11時39分

noppyちゃん
ありがと。
仁木弾正すごかったね。
ハリウッドにしられたらエライことになるね。
映画化されちゃうよ。
そのくらいかっちょよかったね。
いっときますが、もう海老バカになってるよ。
自分に素直になりましょう!

投稿: マイチィ☆ | 2008年11月 3日 (月) 22時27分

kirigirisuさま
練れてるころはもちろん、練れる前もいいってことご存じじゃないですか~。
でも、もうできあがってましたよ。團さまっぽい仁木弾正でした。よかったですぞ。
昼の部の方が練りを必要としているかも。
とにかくいくべしです。
kirigirisuさまこそ、先月歌舞伎をお休みされたあとの身体には、刺激が強すぎるかも!?ご自愛くださいませ。

投稿: マイチィ☆ | 2008年11月 3日 (月) 22時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花形歌舞伎初日翌日 夜の部:

« 花形歌舞伎初日 昼の部 | トップページ | 横浜三回忌 ~鑑賞編~ »