« 年忘れ 大漫画祭り | トップページ | 心にのこった美術展ベスト7<2008> »

2008年12月31日 (水)

心にのこったこの1冊<2008>

本を読んだ感想をつけるのって難しい。本を読んで、どう思ったのか自分に問い返してみるのは、いいことだと思う。 ブログをはじめるまでは、「あー面白かった。さぁ、次読もうっと!」って感じで読んできた。どう感じたかを表すのは、難しいし、観念的になったり、理屈っぽくなったりする。それでも、考えてみようと思う。 感想をつけるのはうまくいかない。訓練だと思って 上達する日を楽しみにつける。 とはいえ、感想を つけそびれた本が大分たまってしまった一年でした。

心にのこったこの1冊 ベスト3という矛盾したものを考えてみました。1冊なの?3冊なの? 気にしない気にしない。

 『さくら』 西加奈子(小学館文庫) 
泣けてしかたなかった一冊。切ないとかじゃなく、あったかくなって泣いた。いとおしい一冊。 この一文が、とても気に入った。
 「たった今大切な髪留めを無くしてしまった女の子でも、思わず一緒に笑ってしまうような声だった。」

 『太陽の塔』 森見登美彦(新潮文庫)
文体にびっくりする。まいった!と思った一冊。 冒頭にもびっくり。 
 「何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている。
  なぜなら、私が間違っているはずがないからだ。」

 『対話篇』 金城一紀(新潮文庫)
文章にうっとりした1冊。 辛い題材「死」を扱っているものですが、じんわりとしみこんできた。

<番外編> 
 『くものすおやぶん ほとけのさばき』 秋山あゆ子(福音館書店 こどものとも612号)
「ばちあたりなことを。ふてぇやろうだぜい。」なんて言葉遣いが素敵。すみずみまで細かく手がこんだ画。みもだえするほどかわいい絵本。
 

舞台や、美術展と異なって、本は とびぬけて面白かったものが、自分の中ではっきりとしている。読んだ本は どれもこれも、読んでよかったと思うものばかりで、ハズレはほぼなしです。 が、しびれるほど面白かったもの、はじめての感覚に震えたものは、この3冊です。

来年も、本を読むのが楽しみです。

|

« 年忘れ 大漫画祭り | トップページ | 心にのこった美術展ベスト7<2008> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/26650510

この記事へのトラックバック一覧です: 心にのこったこの1冊<2008>:

« 年忘れ 大漫画祭り | トップページ | 心にのこった美術展ベスト7<2008> »