« 心にのこったこの1冊<2008> | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2008> »

2008年12月31日 (水)

心にのこった美術展ベスト7<2008>

今年も、あれこれ美術館・博物館に足を運びました。まだまだ、ほーっと感心しているだけですが。マイチィ☆的ベスト7を考えてみました。7という数字に特に意味なし。しいていえば、ラッキーセブン。

 「英国美術の現在歴史:ターナー賞の歩み展」 森美術館
ダミアン・ハーストの「母と子(分断されて)」という作品はすごかった。牛を縦半分にして、ホルマリンにつけてあるもの。母と子を、自分自身をも分断。「死」をテーマにした作品だそうです。その作品のことを聞いていたし、チラシでみていたけど、実物はすごかった。

 「大正の鬼才 絵空事師・河野通勢」 松涛美術館
はじめて河野通勢という名をしりました。明治・大正という時代に、このような画風のものが描かれたことに驚いた。いろいろなものの展示があったが、どれも人真似でなく、迫力がある。不思議でした。この美術館にぴったりだった。

 「ベルナール・ビュフェ」 ベルナール・ビュフェ美術館
伊豆長岡にあるずっと気になっていた美術館。思う存分ベルナール・ビュフェをみる。好きです。そして、いい美術館です。

 「岡村桂三郎展」 神奈川県立美術館 鎌倉
2年前の夏、国立近代美術館の「モダン・パラダイス展 大原美術館+東京国立近代美術館―東西名画の饗宴」で、一目ぼれした 岡村桂三郎作品。終了間際にこの展示を知りホクホクと出向く。圧倒される。かっこいい! 生きている作家と知り、結婚しよう?!と思っていました。2年たち、どんな方かはじめてわかりました。(既婚者でした。)

 「巨匠ピカソ展」 国立新美術館 / サントリー美術館
国立新美術館とサントリー美術館で、同時期に開催の「巨匠ピカソ」展。パリの国立ピカソ美術館改装中に、世界巡回。日本では、この2館で開催。
国立新美術館 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡 」約170点
サントリー美術館 「魂のポートレート」全58点 全てポートレートで構成。
特色があり、どちらも見ごたえがあった。ピカソ万歳。

 「今森光彦の昆虫写真展」 写真美術館
虫がキライな人にもお勧めしたいほど 面白いもの。どうやって、こんな瞬間をおさめたのでしょう!という写真ばかり。虫は、美しく、怖く、不思議。 全体的に、虫への愛を感じる楽しいい写真展でした。 

 「横浜トリエンナーレ2008」 
ほんのちょっとですが、ボランティアとしても参加したので、思い入れあり。三渓園のすごさも、思いだす。 

今年は、美術館自身に個性がある大きすぎないところが印象に残りました。来年も、いろいろ見に行こう

|

« 心にのこったこの1冊<2008> | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2008> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/26649543

この記事へのトラックバック一覧です: 心にのこった美術展ベスト7<2008>:

« 心にのこったこの1冊<2008> | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2008> »