« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | トップページ | NODA MAP 第14回公演 パイパー »

2009年2月14日 (土)

浅草パラダイス

覚書
もういいかなぁと思いましたが(ラサール演出が、肌に合わないので)、勘三郎&直美ちゃんという顔合わせにひかれて 母と見て参りました。「帰ってきた 浅草パラダイス」。久世光彦さんの4回忌という記念の意味もあるみたいです。写真とお花が飾られていました。仰々しすぎないところが、心がこもっているようでよかったです。
幕明けから、「リンゴの木の下で」が流れる。この曲、弱いんです。 オンシアター自由劇場フリークなら、誰しも胸があつくなります。 休憩をはさみ、1時間くらいづつ、3回の舞台。最初のところは、勘三郎さんの浮き草みたいなところが、役の上でフラフラしているのか、やる気にちょっと問題があるのか。台詞をいっちゃ笑っているので。本気だしたらすごいのにだしてないような。そういうのはみていて あまり気分がよくない。 ところが、どんどんすごくなりました。しっかりした芸を身に着けたのに、それを捨てた女房と、芸らしきフワフワしたもので器用に切り抜けてきた男の悲哀なんて、もうすごかった。くやしいんだか情けないんだか。行き場のないイライラがすごかったです。
柄本さんの、訳のわからない動きはすごい。勘三郎&直美という、ものすごい間を持つ2人の横にスッと立っている。無理な感じもなく、鼻につかない無駄な動き。やるな。
直美ちゃんは、すごい。ふすまをあけて、柱に顔を打つとか、ちゃぶ台にひじをついていてひっくりけるとか、古典的な動きのキレのいいこと。間のいいこと。どうなるかわかっている動き。その通りになるのに、おかしくってたまらない。 笑って笑って、そしてやっぱり泣かされました。8年ぶりの浅草パラダイス。何度も上演されており、何度もみにきたのに。やっぱり、泣かされた。
最後になおみちゃんは赤と黒の太いストライプのラメの着物で登場。りんごの木の下でを歌い踊る。 キャー。もし、あの舞台に天童よしみが現れたとしても、私の目には なおみちゃんしか映らないわ。かわゆい。どうして??とびっきりかわいらしかった。 もってかれました。

|

« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | トップページ | NODA MAP 第14回公演 パイパー »

コメント

わたくしめも15日に母親を連れて昼の部を観て参りました。中村屋の喜劇を演じる時にあった「悪ノリ」が好きでなく最後の方は避けていましたが、久しぶりということもあり、「肩の凝らない芝居が観たいよ」という母親のリクエストもあり観ることにしました。感想はほぼ同意見です。確かに直美さんが引っ張るお芝居でしたね。大好きな田根さんが辰巳張りの姿で立ち回りしていたのが嬉しかったです。脇では小島秀哉さんが存在感ありました。

投稿: うかれ坊主 | 2009年2月16日 (月) 20時33分

うかれ坊主さま
客席が、本当に楽しそうでいい雰囲気でした。うしろのおじさまは、ずっと大きな声で笑っいて、あー楽しそうだなぁと幸せな気分になりました。
小島秀哉さん、あれだけで出番なのに、ばっちり場を しめましたね。あのセリフは重みがあり、すごいなぁと感心致しました。

投稿: マイチィ☆ | 2009年2月16日 (月) 23時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草パラダイス:

« 20世紀少年-第2章-最後の希望 | トップページ | NODA MAP 第14回公演 パイパー »