« 続々 オールド パンチ ~カルメン戦場に帰る~ | トップページ | なぁに、よろしいんでございますよぉ ~ 二月大歌舞伎・昼の部 ~ »

2009年2月16日 (月)

立春 漫画祭り

おさるから貸していただいた漫画、職場の同士と一緒に貸してもらった漫画を楽しむ。周りの人のおかげで、いい思い。この世の春だわい。
よしながふみ『愛がなくても喰ってゆけます。』(太田出版)を読む。「YながFみ」という仮名や、仕事中の容貌の描きっぷりに いさぎよさを感じました。
おいしいものへの執念に近い愛情は、読んでいてとても楽しい。そしておいしそう。行ってみたい。 おいしいものを食べにわざわざでかけるってことを、そんなには したことないなぁ。おいしいもの大好きだけど。(嫌いな人はおるまい。) 自立してないなぁ。おいしものは家でって感じなので。 おいしそうなものをみて反省。
安さに挑戦みたいな飲み方も楽しいけれど、ここに載っているお店 1ヶ所くらい足を運んでみたくなった。なんてったって おいしそう。おいしいものを食べたときの同席者の反応って大事だなぁ。倍もおいしくなったり、ケチがついた気分になったりするもの。
稚野鳥子『クローバー(1)~(4)』(集英社文庫コミック版)一気読み。まぶしいというか、別世界。こういう青春をすごしている人もいるのね。いろんなことに一喜一憂する様を、最初はドキドキしていたのだけど、どんどん祖母になった気分で見守りムードで読む。いかんいかん。 こんな華やかな世界・・ ちぇっ とか思いつつ、ぐいぐい楽しむ。ベタなパターンがまたいいのじゃ。
おさる、いつもサンキュ。
続いて、一条ゆかり『プライド(1)~(9)』(集英社クイーンズコミックス)。これも、まだ続いてます。続きが気になる。プライドっていうから、染五郎丈と今井美樹がでていたドラマかと思いました。染さんが茶道のなんかだったもの。違いました。。(←訂正します。プライドはアイスホッケー的なドラマでした。キムタクさんのでてるもの。染&美樹は、ブランドっていうドラマだったらしいです。)
オペラ勉強中の才能ある2人女子が己をプライドについて自問しつつ、とにかく力強く歌いあげつづけるの。まぁ、みごとに強気。読んでいて、意図しないところでも笑っちゃう。見事なんだもん。音楽の才能ある母と、財力を持つ父から生まれ、端からみると苦労の意味すら知らなさそうなゴージャスな史緒。 すさんだ家庭、だらしのない母親し虐げられ、どろどろの中から這い上がってきた萌。お嬢さん VS 。という図式が見事。よくあるパターンなのだけど、見事に面白い。ドロドロ最高っていうおかしな気分になります。くじけてもくじけても、失敗をバネに、失敗したからこそステップアップしていくの。読んだら、なんだかんだ言いたくなるけど、夢中で読んじゃう。 一条ゆかりさんの絵って、今でもなおちゃんと綺麗なのがすばらしい。昔と少し違う感じもまたいい。

|

« 続々 オールド パンチ ~カルメン戦場に帰る~ | トップページ | なぁに、よろしいんでございますよぉ ~ 二月大歌舞伎・昼の部 ~ »

コメント

ツンデレ眼鏡の柘植さんはどうでした?どうでした?
今年の眼鏡オブザイヤーはほぼ決定よ☆
しかしいいよね~こんなOLライフ。
仕事してる場合じゃないよ!?

投稿: noppy | 2009年2月17日 (火) 00時34分

あのねぇ、会社に実在しているのよ 柘植さん。
しかも眼鏡。 眼鏡紳士。(眼鏡男子じゃあ ないの。)
なかなかいいねぇ、つげしゃん。
一人で制服きて、OLライフを謳歌しようかしら。
まずは形から。
しかし、ユーのすきそうな眼鏡男子だねぇ。
『プライド』にも眼鏡男子でてくるのよ。しかも冷たいの。
映画化では、ミッチー王子がするみたい。
チャオ!

投稿: マイチィ☆ | 2009年2月17日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/28145526

この記事へのトラックバック一覧です: 立春 漫画祭り:

» リボーン [リボーン]
リボーンなんかは満1歳とか言ってましたが過去、少なくとも数年前にディーノの家庭教師をしてましたし・・・成長しないとかなんでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 23時25分

« 続々 オールド パンチ ~カルメン戦場に帰る~ | トップページ | なぁに、よろしいんでございますよぉ ~ 二月大歌舞伎・昼の部 ~ »