« 取ったどー | トップページ | 『押入れのちよ』 »

2009年4月15日 (水)

『狼の寓話 南方署強行犯係』

近藤史恵の『狼の寓話 南方署強行犯係』(徳間文庫)を読む。
もう、警察小説を書くなら、時代を変えて捕物帳にして頂戴よぉと思いながら手に取る。読み進めていって、お詫びした。面白い。
現代の問題であるDV。暴力って麻薬のような恐ろしいものだった。これは現代でなければ。しかも読ませる。 さすが、人物設定がうまいねぇ。新人刑事( ヘタレ刑事)君と、先輩刑事 黒岩女史の 人柄が見えてくるほど好きになる。 どこか、ひんやりしたとこがあるのがいいね この人の本は。
うまいね。DVって どうしたらいいかわからないけど。どうしようもなさがうまい。

|

« 取ったどー | トップページ | 『押入れのちよ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/29135902

この記事へのトラックバック一覧です: 『狼の寓話 南方署強行犯係』:

« 取ったどー | トップページ | 『押入れのちよ』 »