« お祭り | トップページ | よこはま「万作・萬斎の会」 平成二十一年 »

2009年5月 8日 (金)

やなぎみわ  -マイ・グランドマザーズ-

東京都写真美術館にて、「やなぎみわ マイ・グランド・マザーズ」をみてきました。
期待していったのですが、裏切らなかった。面白い。こんなにわかりやすい現代アート展って珍しいのではないかしら。
色のきれいな写真。発色がきれい。鮮やかな その大きな写真の横に描かれたストーリーがいい。
こんな、ぶっとんだグランドマザーになりたいと思ったり。そのあきらめに、しずけさに、はっとしたり。ニヤっとわらったり。惹きこまれた。写真の設定がいい。そしてその短いストーリーがすばらしい。 写真の設定は凝りにこっている。小道具まで効いている。
作品は、そのグランドマザーの名前がタイトルになっている。最初の一枚『YUKA』湯布院から飛び出したときに人生を一度終えて新しく始めたというYUKAちゃんは、ボーイフレンドのオートバイのサイドカーに乗って、ケラケラと笑っている。かっちょいい。そして、言うことがかっちょいい。
お座敷の写真では、教訓が箇条書きされていた。客に説教するべからずっていうのがあった。
年を重ねると、皮膚とかシワシワになっちゃうけど、洒落たことも沢山知ってる人生を楽しむ達人になっているのだな。 作家やなぎみわが、一般人であるモデルと対話を繰り返し、作り上げた世界だそうです。実に面白かった。

|

« お祭り | トップページ | よこはま「万作・萬斎の会」 平成二十一年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/29515521

この記事へのトラックバック一覧です: やなぎみわ  -マイ・グランドマザーズ-:

« お祭り | トップページ | よこはま「万作・萬斎の会」 平成二十一年 »