« いざ松竹座へ | トップページ | かに道楽・えびぞー道楽 »

2009年6月11日 (木)

まいちいさんぽ イン大阪

242 236 大阪ぶらり旅。
どの美術館に行こうかなと、検索。気になっていた「杉本博司 歴史の歴史」は7日で終了していました。文楽は?9日は貸し切り。えーい。今回はのーんびり探索しようということにしました。ちいさんぽ改めまいちいさんぽ。
238 237_2 ←これなーんだ。
正解は国立文楽劇場の壁面。幕見ができるかな?と行ってみたがシーンとしていました。貸し切って何をしているのでしょう。資料展示室は見学できました。
「文楽劇場の妖怪たち」と銘打った企画展示。『天変斯止嵐后晴』(テンペスト)上演にあたりシェイクスピアを特集したり、 『化競丑満鐘』のところでお化けを特集したり。お化けが面白かった。エイリアンまで!文楽にエイリアン!
239240  文楽劇場の近くにあった碑。碑のようなもの?←これ、文楽劇場の上手の黒幕にかかれた紋(紋?)ではないでしょうか。碑の下の部分→には、谷崎潤一郎の「蓼食う蟲」よりという一節が描かれていました。知らないことばかりで、より興味がわいてくる。
241 妙にお安いアクセサリーショップのぞいたり、古い得体のしれない店をのぞいたり。勝手きままに 歩き回る。 古めかしい巨大狸とか、不思議なモノがありました。どこにいるのかわからなくもなる。

244 245 一人でお店に入るのが苦手という意気地なし。でも、その割に キムカツサンドやら、白いモチモチタイヤキやらしっかり楽しむ。 旅の最後は、松竹座!ワンダホー! 帰りの新幹線で豪華なお弁当もいただきました。 
ひさびさの一人旅は、冒険気分で楽しかった。新幹線も外を眺めたり、とっておきの本(三浦しをん著:仏果を得ず)を読んだり、ご飯を食べたりと楽しんでいたら、あっという間でした。たまには、いいな。2年に1度くらいはいいかも。

|

« いざ松竹座へ | トップページ | かに道楽・えびぞー道楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/30063319

この記事へのトラックバック一覧です: まいちいさんぽ イン大阪:

« いざ松竹座へ | トップページ | かに道楽・えびぞー道楽 »