« 『深海のYrr(イール)』(上) (中) (下) | トップページ | 矢の根、藤娘 »

2009年7月15日 (水)

MW

昨晩、おさると邦非映非連。MWをみてきました。 これ、本当に手塚治虫が描いたの?残忍。そしてどうしてよいか途方にくれる。
元ARB(←つけなくてよいかも)の石橋亮が、一番がんばっていました。中年の星と呼んであげたいくらい。
主役は玉木宏のようだけれども、私の目には、主役は山田に映りました。山田のできなさ加減がぐっときます。 TVもいいけど、断然スクリーンでみたい男です。
玉木宏のというか、結城の殺しの手口は、考え付かない残忍さなの。怖い。怖くて持っていったタオルをみてました。(目をとじると怖いので) 玉木宏は、無駄な肉がなさすぎで、なんでもできすぎで、人じゃないようでした。そこがまた怖い。 一方、山田の選んだ道は神父。ただ祈る。 最後のシーンはえらくかっこうよかった。まさに、神々しかった。
2時間以上もみていたけど、なぜMWと名づけられたのか不明。

|

« 『深海のYrr(イール)』(上) (中) (下) | トップページ | 矢の根、藤娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/30560836

この記事へのトラックバック一覧です: MW:

« 『深海のYrr(イール)』(上) (中) (下) | トップページ | 矢の根、藤娘 »