« 七月大歌舞伎 天守物語 | トップページ | 『熱血ポンちゃん膝栗毛』 »

2009年7月 8日 (水)

山内龍雄

覚書
画廊。 私は敷居が高いように感じ、なかなか足を踏み入れることができません。
先週末、銀座に行ったおり きれいな色だなと ギャラリーにかけられた絵を 外から じっとみていたところ、ギャラリーの方に中に招いていただき、作品をみせていただきました。
ギャラリー・タイムというところで、山内龍雄さんという画家の作品しか扱わないそうです。
静かで、穏やかで、深い作品色合いの作品でした。
ギャラリーは、どんどん入ってみていいところだそうです。(でも、なかなか入るのは難しいです。)
山内龍雄さんの作品は、黙って静かにみていたい作品でした。(絵画は、そういうものかもしれませんが。) 手法が新しく世界でも注目されているそうです。 難しいことはわかりませんが、深みのあるきれいな作品でした。

|

« 七月大歌舞伎 天守物語 | トップページ | 『熱血ポンちゃん膝栗毛』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/30466628

この記事へのトラックバック一覧です: 山内龍雄:

« 七月大歌舞伎 天守物語 | トップページ | 『熱血ポンちゃん膝栗毛』 »