« 『見仏記 ゴールデンガイド篇』 | トップページ | 『グラスホッパー』 »

2009年8月 4日 (火)

『見仏記4 親孝行篇』

見仏記 ゴールデンガイド篇』を読んだら、読みかえしたくなった。
いとうせいこう&みうらじゅんの『見仏記4 親孝行ド篇』(角川書店)を読む。それぞれの親を孝行する見仏の旅に、仏友が同行するという趣向。 自分の両親よりも、相手の両親への方が素直に孝行できるところがなんとも甘ずっぱい。いつの日かくる親との別れを含め、親に対してのいとおしさと、素直さに対しての恥ずかしさが、ごっちゃまぜになっている様に、あたたかいものを感じる。男ってヤツはとかわいらしくもなる。仏もいい。あーここ行きたい。ここも。と思う。
そろそろ、歌舞伎観劇なしの純粋な旅(御朱印帳片手)に出る 時分なのかもしれない。

|

« 『見仏記 ゴールデンガイド篇』 | トップページ | 『グラスホッパー』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『見仏記4 親孝行篇』:

« 『見仏記 ゴールデンガイド篇』 | トップページ | 『グラスホッパー』 »