« 『ボクは悪党になりたい』 | トップページ | 『太陽がいっぱいイッパイ』 »

2009年10月23日 (金)

東方彩夢 森田りえ子展

日本橋三越本店の展覧会をみてきました。三輪休雪に引き続き、パリ・三越エトワール帰国記念。「東方彩夢 森田りえ子展」
生きている日本画家の展覧会だなというのが、一番の感想。金閣寺本堂の杉戸絵を描かれたそうです。大きな作品は、美しいのですが、なんだか生々しかった。もう少し、時代を経ると、みなれた日本画の雰囲気がでてくるのかもしれない。あくまでも、「私の」見慣れた日本画ですが。「私の」心が、古いものをありがたがるとセットされているところに問題があるような気もする。現代風美人というのがすんなりはいってこなかった。悪くはないのですよ。粧Ⅱという舞妓を真正面から描いた作品は、好きでした。真正面というアングルは、とてもインパクトがある。

|

« 『ボクは悪党になりたい』 | トップページ | 『太陽がいっぱいイッパイ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/31904257

この記事へのトラックバック一覧です: 東方彩夢 森田りえ子展:

« 『ボクは悪党になりたい』 | トップページ | 『太陽がいっぱいイッパイ』 »