« HENRY DARGER'S ROOM 851 WEBSTER | トップページ | 図書館の神様 »

2009年10月 8日 (木)

『男は敵、女はもっと敵』

山本幸久の『男は敵、女はもっと敵』(集英社文庫)を読む。読んでしばらく経ってしまい、何をおもったかすんなり出てこない。読みなおし。最近そんなのが多い。
山本幸久にハズれなし。今回も間違いなし。短編仕立て。最初は藍子が主人公で、その時でてきた相手が次の章では主人公になる。そうやって、いろんな目線からみていくと、誰もかれも憎めない。特に女子がいい。あーあーって思うほど一生懸命で。かわいい。女子という人間がいとおしくなる。特に、藍子のいさぎよさにやられた。
歯車がずれたけど、うまくいかなかったことが、即失敗というわけじゃない。回り道をして、違う道にでちゃったけど、こっちの道も悪くないじゃんって感じ。
元気がでた。
山本幸久って男子なのよね。不思議。

|

« HENRY DARGER'S ROOM 851 WEBSTER | トップページ | 図書館の神様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/31695009

この記事へのトラックバック一覧です: 『男は敵、女はもっと敵』:

« HENRY DARGER'S ROOM 851 WEBSTER | トップページ | 図書館の神様 »