« プール | トップページ | 併設 仙涯展 »

2009年10月18日 (日)

皇室の名宝―日本美の華

覚書
そうそう、これもみましたシリーズ<美術館編 >
これは、この間。 東京国立博物館 平成館にて開催の 御即位20年記念 特別展「皇室の名宝―日本美の華」 1期をみてきました。会期最初の金曜夜間公開デーというマイルールにのっとって。結構人は入っていましたが、なんとか目の前でみることができました。
平成天皇の御即位20年を記念。(今、平成21年だけど。)皇室が所蔵する名宝とはおびただしい量なのでしょうね。Ⅰ期は絵画ものが中心。Ⅱ期は正倉院宝物が登場のようです。
若冲の動植綵絵30幅がズラリと並のよと両親を誘い一緒にみにいきました。いかんせん相国寺でみた動植綵絵30幅の印象がすばらしすぎて、もう驚くことができませんでした。丁寧にひとつづつみる。実に繊細に描かれているのに迫力のある画像。緻密と大胆と簡単にまとめたうない感じ。色が美しい。宮内庁の保存技術にも驚く。
<唐獅子図屏風> 狩野永徳・狩野常信筆。永徳と孫の常信筆によるもの。右左の獅子をみくらべるが、どっちもすごい。周りの作品がみんな大きいのでいくらか迫力が抑えられているような。 <萬国絵図屏風>桃山時代なのになぜ世界をこんなに把握しているのでしょう。これサントリー美術館のBIOMBO展でみた気がします。 <源氏物語図屏風> 伝狩野永徳筆 6曲1双。これも 安土桃山時代。人物が大きい屏風なので、着物の柄にも季節を感じうっとりする。
今回、とびっきり面白かったのが<小栗判官絵巻>岩佐又兵衛筆とのこと。父が、岩佐又兵衛の本物がみれるとはと興奮してました。ここは、こんでいました。だって、理屈ぬきに面白い。字の読めない庶民も絵巻ものにはとびつくのがよくわかる。第1・11・13という3つの巻のが一部づつ展示。全部で15巻あるそうです。展示が終わった先のの丸めてある部分がみたい!閻魔大王の御裁きの図が、いかしてます。クリアフォルダーを購入!
円山応挙筆の≪旭日猛虎図≫は、足が太く短く もうかわいらしくすらみえる猛虎。大猫みたい。 母が、竹内久一の<明治天皇像>をみて男前というのでみにいくが、男子の趣味があわないと思った。(すみません、恐れ多いことでした。) 葛飾北斎<西瓜図 >をみる。これ、みたことがあります。北斎展かな。みずみずしく気持ちのいい、きれいな絵。川島甚兵衛(三代)作<春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛>にびっくり。おおお大きい。よくこんな大きなものが展示できました。近寄ると織物でまたびっくり。 川島甚兵衛とは、あの川島織物の方だそうです。壺やら何やら、みんな大きい。巨大。しかも2つセット。どこに置くのとつぶやきつつ鑑賞。
なかなかの見ごたえだったのですが、昨年の「対決」があまりにすばらしかったのでちょっと大人しく感じました。皇室のものなので上品というべきでしょうか。作品の大きさに圧倒の展覧会でした。こんな大きなものを飾ることのできる空間を持つのですね、皇居は。
皇室におさめるということは、買取でなく贈答ということになるのでしょうか。廃仏毀釈の波に襲われた相国寺では、若冲の動植綵絵30幅を手元に置くことが難しくなり皇室に献上するよう説得されたとか。金1万円の下賜金があったそうです。  皇室に納めることの名誉は金で買えないということでしょうか。そんなみみっちいことも考えました。

一口メモ;11月12日(木)は天皇陛下御即位20年を記念して入館無料だそうです。(ただし来場者多数の場合は、入館できないこともあるそうです。)

|

« プール | トップページ | 併設 仙涯展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/31826160

この記事へのトラックバック一覧です: 皇室の名宝―日本美の華:

« プール | トップページ | 併設 仙涯展 »