« 皇室の名宝―日本美の華 | トップページ | ぐるっとはしご »

2009年10月18日 (日)

併設 仙涯展

覚書
そうそう、これもみましたシリーズ<美術館編 part 2 > ぐるっとパスを使って、出光美術館へ。芭蕉 <奥の細道>からの贈りもの 併設:仙涯展 をみてきました。.
芭蕉よりも、併設の仙涯展にひかれて。俳句をたしなまないものには、この良さがわからない。筆跡の美しさとがわかるといいのにな。一点一点じっくりみつめる方が多い中、挿絵や、紙を眺めてきました。
それにひきかえ、仙涯はわかりやすい。単純な線の描きだすその絵は人の心をふわっとさせ、ニヤっとさせ、にっこりさせる。単純な線の描く、大きな世界に 参ったという気持ちになるのは気持ちのよいもの。禅というものは、そういうものかもしれない。

|

« 皇室の名宝―日本美の華 | トップページ | ぐるっとはしご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/31840170

この記事へのトラックバック一覧です: 併設 仙涯展:

« 皇室の名宝―日本美の華 | トップページ | ぐるっとはしご »