« 心にのこった舞台1ダース<2009> | トップページ | あけましておめでとうございます »

2009年12月31日 (木)

心にのこったこの1冊<2009>

本を読んだ感想をつけるのって難しい。そのことをさらに実感した一年でした。読んだが記録をつけることができなかった本が多々あり。読んで、どう思ったのか自分に問い返し、記録をつける訓練しようと思ったのだが。精進あるのみ。 道徳風を吹かさず、いさぎよい感想を目指すのであります。

 『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦(角川文庫) 
今年最初によんだ本。読んだときから、ベスト1と思う。そして、そのとおりに。黒髪の乙女と、知られずに見守る先輩の物語。乙女のようにまっすぐな心と、森見登美彦の発する素晴らし日本語の美しさに 心に揺さぶられた。ブラボー。
「黒髪の乙女でゴー! 異風堂々と、美しく調和のある人生を!」
そういえば今年は、これでいこうとしたのであった。無念。 再挑戦。 これを2010年の指標とします。 なむなむ。

|

« 心にのこった舞台1ダース<2009> | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心にのこったこの1冊<2009>:

« 心にのこった舞台1ダース<2009> | トップページ | あけましておめでとうございます »