« おそらく先月の漫画祭・・・ | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2009> »

2009年12月31日 (木)

心にのこった美術展ベスト3<2009>

ほーっと感心しているだけですが、その中でも心にのこった美術展。マイチィ☆的ベスト3。

 「岡村桂三郎展」 コバヤシ画廊
地下へおりると、薄暗い部屋の中にはみださんばかりにクネクネとおかれた屏風がある。あの全体がわからない作品のあやしさ、スケール感に驚いた。岡村桂三郎作品は、美術館だけでなく、ギャラリーでもいい。

 「幟旗」 松涛美術館
この美術館は、いい。幟旗は、江戸時代の庶民的な絵画のひとつ。浮世絵、絵馬と並んだものだそうだ。個性豊かな幟旗が、ずらーっと並ぶさまは格好よかった。コレクターのありがたさもわかった。

 「国宝 阿修羅展」 東京国立博物館、平成館
あの展示方法は、センセーショナルでした。阿修羅ファンクラブにも入会し、たっぷり楽しむ。八部衆、十大弟子、四天王、薬王・薬上菩薩立像と、とにかく大集合。ありがたい。興福寺で、何度もみた阿修羅像。平成館でみたあと、また見に行ったらどう感じるだろうか。

 <特別賞>
 「小倉充子展」 イオグラフィック ショップ・アンド・ギャラリー
死ぬまでに、小倉充子さんの浴衣を仕立てることが人生の目標のひとつになったので。粋でかっこいい。ご本人もすてきでした。

すごい絵画も沢山みたのですが。上のものがとくに印象に残りました。来年も、いろいろ見に行こう

|

« おそらく先月の漫画祭・・・ | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2009> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/32813612

この記事へのトラックバック一覧です: 心にのこった美術展ベスト3<2009>:

« おそらく先月の漫画祭・・・ | トップページ | 心にのこった舞台1ダース<2009> »