« 海をゆくもの | トップページ | ビバ師走 »

2009年12月 3日 (木)

勤労者美術展

気がつけば、もう12月。 先一昨日は南座初日。昨日は歌舞伎座初日。そして今日は国立初日&わたくしの健康診断デーでした。  

友人が入賞したというので みてきました、東京都美術館。勤労者美術展というものを初めてしりました。出品資格は東京都内に住所または勤務先を有する勤労者だそうです。働きながら、こんな立派な作品を創作するとは。(退職された方もいらっしゃるようですが。) 時間って、作るものなのねとしみじみおもいました。 なかなか面白かった。 62回も続いた この美術展の開催は、今年で最後だそうです。 東京都美術館も改修工事で休館になるそうです。 休館って聞くだけでさみしい。
友人の作品は、友人の人柄がよく出ている作品でした。わかるなぁと思った。そしてヘェーこんな風にと不思議にも思った。入選おめでとうございます。
他の作品もくまなくみてきました。みていくほど、日本がと洋画の違いがわかならなくなってきました。 画材の違いかと思っていたのですが?? 主題でもないようです。これも日本画?洋画?と?となりました。 とても最近、勉強した身とは思えない。
「書」って面白いなと初めて思いました。よくわからないのですが。芥川の「青蛙 おのれも ペンキ ぬりたてか」という書のかっこういいこと。万葉集とかそういう教養を身につけたい。美しい言葉は、口にだしてみたくなる。
我が友よ。おめでとうございます。すごいわ。

|

« 海をゆくもの | トップページ | ビバ師走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/32478460

この記事へのトラックバック一覧です: 勤労者美術展:

« 海をゆくもの | トップページ | ビバ師走 »