« 去年ルノアールで 完全版 | トップページ | おそらく先月の漫画祭・・・ »

2009年12月26日 (土)

二00九年 観劇納め

歌舞伎座へ。今年の観納め。両親と昼の部を鑑賞。

クドカン歌舞伎は、歌舞伎じゃないのではないだろうか。これは。 どんな話か知っていてみるという前提。というか、何度も繰り返しみることを前提として書かれているのですよね、歌舞伎は。
オチとか、展開への驚きとか、そういうものよりも、必要ななにかが、クドカン歌舞伎にはない。(主従関係なのか。) けれども、歌舞伎座で 歌舞伎の人たちによる 宮藤官九郎の演劇 はインパクトがあり、やはり面白かった。 死神のキレは悪かったねぇ。なんかグダグダ。 七くんのキレにはホレボレ。 歌舞伎贔屓視点でも、いろいろ発見がありました。
歌舞伎座に何をもとめて観にくるのか、それぞれの贔屓が考えてみる面白い月になったと思う。
演劇好きで足を運んだ人には、小山三さんの町娘が出てくるだけでこんなにも沸くという感じは伝わらないいだろうな。これは歌舞伎贔屓だけのお楽しみ。どなるしのぶちゃんとか。 押し戻しの拵えに、暫く暫くってうるせぇってコーラスが入ったのにも噴き出した。歌舞伎が好きだからこそ、わかるおかしさってのもある。ゾンビをらくだ衆とし、かんかんのうを踊らせるってくだりで、「クドカン らくだを気に入ったのだな」と思いおかしくなった。 ぞんびというテーマで歌舞伎っていう発想は面白い。これは、歌舞伎かっ?って考える歌舞伎。この変さを楽しんできました。
千穐楽だったからか、カーテンコールがありました。びっくりしながら出てくる役者さんと、呼ばれて所在なげに出てくるクドカン。さっきまで、あんなに自信にみちあふれて出ていたみなさまが そしてクドカンが 大いに照れてるさまに、微笑んじゃった。
歌舞伎にオチはいらない っていうの、自分なりの発見。(強引な結末の方がしっくりくる。)

円熟の身替座禅、よかった。若者にはだせない味。愛嬌たっぷり。若々しかった。

先日、しびれた「操り三番叟」に、また しびれる。 もっと しびれました。あぁ 続けて3回観たい。 操り人形の三番叟に 魅せられました。 床を蹴って動いているのでなく、上からつられた力で動かされていました。うわぁ うわぁ の連続。 何百グラム?といいたくなるような重さを感じさせない踊りは見事。ジーンとしました、なぜだかわからないけどね。 見事だったなぁ。初役だそうです。 あの軽さには、本当にしびれた。 勘太郎さん、超人でした。 なかむらやっ!

今年も、いい芝居を沢山観ました。面白かった。 あと1週間で、もう来年の芝居がはじまるのだなぁ。

|

« 去年ルノアールで 完全版 | トップページ | おそらく先月の漫画祭・・・ »

コメント

マイチィ☆ さま
「操り三番叟」では延若さんの名演が眼に焼き付いております。確か平成元年でしたらもう20年も前ですね。

翁が正面に坐って一礼するところで観客は「拍手」ですが、あそこは櫓に対して一礼しているので観客が拍手するところじゃないはずなのに・・・といつも思ってしまいます。

「野崎村」も仮花道がないので幕切れは変形版で船の方が所在なく気の毒でした。初心者(クドカン目当ての方々)にはこれは本物ではないよと言いたくなってしまいました。
私も少し愚痴っぽくなってしまったようです。

投稿: うかれ坊主 | 2009年12月28日 (月) 14時34分

うかれ坊主さま
私も翁・三番叟をみるときに、拍手について考えます。能楽堂と比較するのは変かもしれませんが。鏡獅子のときに殿に頭を下げているところもそうですね。
クドカンをみにきて、歌舞伎に夢中になる人が、この先へぇーと関心し、歌舞伎の深みにはまっていくかもしれませんね。
いろいろとモノ思う12月になったようで、こういう月も貴重なのかなと思います。
わたしも、もっといろいろな方の「操り三番叟」がみてみたいです。染五郎さんと歌昇さんのものをみました。延若さんをごらんになっているのですね。いいなぁ。今回の勘太郎さんのものは、ひときわ心に残りました。

投稿: マイチィ☆ | 2009年12月30日 (水) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/32750256

この記事へのトラックバック一覧です: 二00九年 観劇納め:

« 去年ルノアールで 完全版 | トップページ | おそらく先月の漫画祭・・・ »