« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

2010年1月14日 (木)

『松井今朝子の晩ごはん 環境チェンジ!篇』

昨晩、泳いでいる途中 おなか周りがモゴモゴするので 「あれ?服 脱いだわよね?」と立ち上がり見てましたが、水着だけでした。 腹巻を脱ぎ忘れたのではないかと思ったの。何かしら、このモコモコ感。 お正月に身につけてしまったのでしょうか。 去年つけたゼイニクちゃんかしら。 怖いわ。ニクイわ。

もう一冊(4冊目)残っていた松井今朝子さんの人気を読む。『松井今朝子の晩ごはん 環境チェンジ!』(ポプラ文庫)を読む。
松井今朝子さんの出演されているTV番組「知る楽」で男伊達について解説している回をみて、堂々としていて話が面白いなぁと思った。なるほど、こういう風にしっかり、男らしく解説できるのは、こういうバックボーンがあったからだなと納得する。
夏に軽井沢でしっかり仕事をし、日曜はどこにいても乗馬をする。優雅なくらしというより、自分のするべきことを絶対にする暮らし。うらやましいとか、そういう気持ちはわかず、ほーとひたすら感心して読んだ。
舞台を見た上でのコメントの小気味よさ。その舞台を観たものはもちろん、観ていないものも、興味深い。毅然とした人にあこがれるのです。
カメ溺愛ぶりの変なとこや、料理のおいしそうなとこ等、楽しく読んだ。政治の話が沢山でていて、月日的に、わたくしの贔屓の福田前首相の時代にあたるので辛口ぶりにドキドキしました。福田さんがましという、いい扱いでホッとしました。 最新の日々を読むことができる本家のブログをみみたが、私には本(しかも文庫本)で読む方がぎっとくるみたい。早く続きを!

|

« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/32989675

この記事へのトラックバック一覧です: 『松井今朝子の晩ごはん 環境チェンジ!篇』:

« 『陽気なギャングの日常と襲撃』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎 »