« 音羽屋祭 | トップページ | 祝成人・漫画祭 »

2010年1月 6日 (水)

『陽気なギャングが地球を回す』

『陽気なギャングの日常と襲撃』を購入。読む前に前編である『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎(祥伝社文庫)を読みなおす。いと かっこいい。
ギャングって犯罪者なのだけど、何か思い入れがある。幼少時につちかった、ギャングに対してもっている「かっこよさ」が、みごとにここにある。
普通なのだけど、何かが備わっていない登場人物たち。でも、体裁を整えるための「まっとさ」なんて、どこか欠けているぐらいの方がいいのだ。一応 ほぼ整えているということより、これはってものを持っているほうがいい。正しいことを、あきらめない強さ。
成瀬に響野、久遠、雪子が、発する言葉にグッときた。祥子も慎一もタダシもね。章立ての仕方や、キャプションのいいこと。やるねっと思うフレーズに、ニヤっとした。
銀行強盗を通じて、ロマンと人としての在り方にハッとする大層面白い読み物です。
ロマンはどこだ。

|

« 音羽屋祭 | トップページ | 祝成人・漫画祭 »

コメント

今年は一緒にロマンをさがそう☆
リアルに!

映画版の蝶野は京都の男だったんだよねえ...
だから蝶野が結構好きでした。うふ

投稿: noppy | 2010年1月10日 (日) 20時55分

合言葉は「ロマンはどこだ」にしようぜ。
あっ 公表しちゃった・・・
今回も京都の男を思い浮かべて読んだよ。
アマルフィに出ている時でも、京都の男とは これいかに。

投稿: マイチィ☆ | 2010年1月12日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/32876054

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングが地球を回す』:

« 音羽屋祭 | トップページ | 祝成人・漫画祭 »