« 海老蔵祭 | トップページ | 『陽気なギャングが地球を回す』 »

2010年1月 5日 (火)

音羽屋祭

今日まで、職場はお休み。お正月休みはあっというまにおわっちゃった。最後の日にも 芝居見物。 国立劇場へいってきました。初春歌舞伎公演「通し狂言 旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)を鑑賞。
天明三年に初演され、大正時代には上演が途絶えてしまったものの復活狂言。復活とか新作のものは、どうしても説明にひっぱられるところが多いように思う。通し狂言としての役割の大切さなど考えた。乗り越えられる何か余地のようなものがあるのではないだろうかと。
人間国宝みずから大凧に乗りと、スペクタクル要素も多いのですが少々おちついた展開。最後の菊之助さんの本水の立ち廻りがすごい。すばらしいというべきだろうが、もうすごい。ちょっと海老蔵さんの石川五右衛門を彷彿させるところもあり、もうむちゃくちゃ盛り上がりました。あー歌舞伎をみた!という感じがしました。 とてもとても凛々しく、美しかったこと。
下女おふくの男寅ちゃんの、ものすごい存在感に 舞台が沸きました。お元気そうな権一さんのお姿もみれてよかった。
とにかく、あの菊之助さんと金鯱の場のすごいことったら。水もしたたるいい男でしたと古典的にしめておこう。

|

« 海老蔵祭 | トップページ | 『陽気なギャングが地球を回す』 »

コメント

>あの菊之助さんと金鯱の場のすごいことったら。
わーわーわー楽しみ~~~!!!
鯱つかみは最後なの?
そこで音羽屋の華やか立ち廻りも一緒にやっちゃうの?
・・・うち(名古屋市)の市長も観に行ったんだけど・・・
お土産に持って帰ってくれないかなぁ~~(願)

投稿: 恵美 | 2010年1月 5日 (火) 21時38分

名古屋色の強いお芝居だったわ。
もしかして、恵美さまが歌舞伎界を牛耳っているのでは?と おさると妄想したの。
そんな(どんな?!)恵美さまへアピールするために、名古屋愛を 強く出したのではないかしらと。
御園座で「昼・石川五右衛門、夜・旭輝黄金鯱」やったらどうかな。シャチホコつながりで。團菊祭。
音羽屋の華やか立ち廻りは、おあずけでした。

投稿: マイチィ☆ | 2010年1月 5日 (火) 23時54分

出遅れましたが今年もよろしく!

新年早々、赤褌が眩しかった国立劇場...
この思い出だけでしばらく生きていかれそうです!嘘です!

やっぱり思い出だけでは生きていかれないので、
今年もたくさん遊びましょう~

男寅ちゃんは要チェックや~

投稿: noppy | 2010年1月10日 (日) 20時51分

赤褌の場で、劇場いち喜んではったね。
赤すきなの?
牛?
私は、牛肉と菊之助さんが好きです。

投稿: マイチィ☆ | 2010年1月14日 (木) 00時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音羽屋祭:

« 海老蔵祭 | トップページ | 『陽気なギャングが地球を回す』 »