« 矢車会 NHK教育「芸術劇場」 | トップページ | 花競四季寿・嬢景清八嶋 »

2010年2月 6日 (土)

曽根崎心中

Photo_4←以前 ブリックスクエアでみかけたもの 今回の公演と関係ないです)。

国立劇場で、文楽をみてきました。「本日初日」でびっくり。 満員御礼でした。 吉田蓑助文化功労者顕彰記念公演。 蓑助さんのお初に、勘十郎さんの徳兵衛。すごかったです、文楽。 歌舞伎だと、「わぁー見事だなぁと」驚いても、自然と拍手してますが、文楽はまだそんなにみていないので、驚いて、拍手するのも忘れちゃう。今回もそうでした
一番前でくいいるように鑑賞してきました。

たずねてきた徳兵衛の顔をのぞきこむ、お初。お初が、徳兵衛の膝に手をおくところにドキドキした。あんなに小さな手。私の小指ほどしかないのだろうに、そのしぐさはドキっとしました。 蓑助さんのすごさが、わかってきました。まだまだ驚くでしょうけれども。 徳兵衛は、いい男でした。人形なのにいい男。けんかして、ほつれた髪まで、色っぽかった。 くやしさとか、床下から見上げる顔とか、すこぶる格好よかった。人形だけでなく、勘十郎さんご自身も、床の下に隠れるのですね)。勘十郎贔屓、大満足の大活躍。厳しそうな御姿が、かっこいい。
最後に、心中してしまう2人。いさぎよい最後に、若者を感じました。 あー、なんだか驚いた。 人形なのよね・・・と何度もいいたくなるほど、魅力的でした。 

|

« 矢車会 NHK教育「芸術劇場」 | トップページ | 花競四季寿・嬢景清八嶋 »

コメント

この床下に入る演出は、吉田玉男さんが確か最初にして、足を見せない文楽に初めて足を見せた衝撃の演出と聞いたような・・・ほんと、あれはかなりドキッとしますよねー。文楽、続々人間国宝ですね。私もまた見に行こうかなー。鶴沢清治さんもいいでしょう。

投稿: ginsuisen | 2010年2月10日 (水) 00時38分

こんにちは。おひさしぶりです。
人形ではないみたいに、心情豊かで驚きました。面白かった。いろいろドキドキし、文楽も楽しくってしかたありません。好きなモノは増えるいっぽうです。困ったなぁ。
鶴沢清治さんは、一部に出ていらっしゃいました。

投稿: マイチィ☆ | 2010年2月14日 (日) 12時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽根崎心中:

« 矢車会 NHK教育「芸術劇場」 | トップページ | 花競四季寿・嬢景清八嶋 »