« 「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」 | トップページ | 『上海バンスキング』 ~千穐楽編~ »

2010年3月11日 (木)

『上海バンスキング』 ~親孝行編~

昨日、お仕事をお休みして 両親と一緒に『上海バンスキング』を観てきました。お昼間にみるのも、いいなぁ。夕方 まだ明るいうちに終わり、あせらずにあれこれ話ができる。 両親にとっても懐かしの上海バンスキング。とても面白かったとゴキゲンでした。よかった よかった。 いいお芝居をみることは、楽しい。そして、それを共有できることって、とても幸せなことだとしみじみ感じました。
今回は、S席から鑑賞。よいお席だったということもありますが、S席はみやすい。すぐ横を役者さんが通ったり。舞台も近いし、臨場感もたっぷり。よりお芝居にひたることができました。
自分の思い入れの強さやら、懐かしさやら、いろんなことに感極まって涙していた前回の観劇と異なり、今回はちょっと落ち着いて芝居をじっくりみることができました。切なくて涙がでてきました。すごい芝居です。すばらしい。
景気よく 調子よく浮かれて世をわたってきたジャズマン。戦争の影響で、みな大事なものをなくしていく。指の間からすべりおちるように いろんなものを失って、それが夢だったらどんなにいいのにという 楽しい思いでだからこその切なさを みごとに表した作品。説教くさくなく戦争を描くことって非常に難しいと思う。
終演後は、役者さんたちがそのままロビーへくりだします。熟年齢層の客層のみなさまは、この芝居に愛情・思い入れたっぷりの方が多いよう。 もちろん そのお約束をよくご存じで、あっというまにロビーが黒山の人だかりに。マニアのわたくしも、もちろんいち早く駆けつけ、後ろの人たちのためにしゃがみこんで、ロビーで熱くなりました。 リンゴの樹の下でを聞き 幸せいっぱいに。どうもありがとう。

|

« 「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」 | トップページ | 『上海バンスキング』 ~千穐楽編~ »

コメント

いいですねー、ご両親と同じ舞台を見て、同じ感動を味わう・・なんて素敵でしょう。共通話題があるのって、いいですよねー。千秋楽・・いかがでしたかー。また再演はありそうでしょうか。CDを手に入れ、聞いております。昔の録音なのがなんともいいですー。

投稿: ginsuisen | 2010年3月15日 (月) 22時54分

ginsuisenさん、こんばんは。
発売したCD全部、もってました。私も愛聴してます。よく口ずさんでいます。
友と、あの本も持ってるねと売店でも懐かしみました。
あぁ、楽しかったです。
千秋楽も、すばらしかったです。

投稿: マイチィ☆ | 2010年3月17日 (水) 00時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『上海バンスキング』 ~親孝行編~:

« 「カラヴァッジョ/天才画家の光と影」 | トップページ | 『上海バンスキング』 ~千穐楽編~ »