« 『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』 『下妻物語・完  ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 』 | トップページ | 眼福 「花形歌舞伎」祭 »

2010年5月27日 (木)

『地獄のババぬき 』

上甲宣之の『地獄のババぬき 』 (宝島社文庫)を読む。
このミステリーがすごい!』大賞で入選だか何位だかに選ばれた人のようで、抱腹絶倒というような大げさな帯がついていました。 本著は、『そのケータイはXXで』の続編のようです。つまらなくはないけれど、ぜひ1作目を読みたいと思うほどではなかった。いかんせん、帯が大げさすぎる。
卒業旅行のため、夜行バスで東京へと出発した女の子が、バスジャック事件に巻き込まれる。この時点で、大学の卒業旅行にバス?東京?いつの時代よとひっかかってしまった。バスの見取り図が めくったページにまたがって描かれていた。そういう、つまんないところで  もうちょっと工夫できないものか とひっかかった。 軽い面白い読み物でした。

|

« 『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』 『下妻物語・完  ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 』 | トップページ | 眼福 「花形歌舞伎」祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/34911515

この記事へのトラックバック一覧です: 『地獄のババぬき 』:

« 『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』 『下妻物語・完  ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 』 | トップページ | 眼福 「花形歌舞伎」祭 »