« さようなら倫敦、ありがとう倫敦 | トップページ | 天下のナショナルギャラリー »

2010年6月30日 (水)

海老蔵丈奮闘 欧州歌舞伎

6/10(木)③
サドラーズウェルズへ。今日は旅のしめくくりに最前列で観劇。こういうきっかけがないと、なかなかエイっと海外に飛びだせない。ありがとう海老蔵さん。そして、ありがとう同行者のおさる。
あつい男、海老蔵さん奮闘の公演は面白かった。鳥居前のときはとても大きな顔にみえたのに、吉野山ではすっきり。狐になるとほっそりしてみえました。こしらえによって、全然違う。すごいなぁ。鳥居前の忠信は、どーんと大きく頼もしい。ふっと狐にもどってしまう顔のあどけなさはかわいい。早見藤太の新十郎さんも、なんだか大きくみえました。(静御前の芝雀さん・義経の友右衛門さんも)大きな顔にみえて、舞台映えしました。立ち回りもたっぷり。華やかでいいのう。忠信と藤太が花道七三で、左に右にと顔をむけ、ぐっと決めるところ、格好よかったなぁ。もう迫力満点。あっという間に感じるほど、楽しかった。狐六法で引っ込むと、そのまま休憩にならずに舞台を転換。吉野山へ。次は踊り。2人だけですが、華やか。ゆったりした雰囲気がいい。景清の戦語りのところが。通常よりもドラマティックよりになってました。力強かった。 休憩のあと、川連法眼の館。佐藤忠信は、男前ですてき。ほっそりしてみえました。さっきと同じ歌舞伎役者さんなのになぁ。駿河次郎に左十次郎さん、亀井六郎に中村又之助さん。ここも個人的にはみどころでした。鼓の皮になってしまった親でも、そんなに慕うことができるのか、なんて普通の感想が浮かぶ余地のない、歌舞伎の世界になっていました。荒事・踊り・芝居といろんな味付けを楽しむことのできる演目になっていたのですね。なんで、義経千本櫻なのかしらと思いましたが、わかりやすくて、ワクワクして、挑戦するあつさに感動する、すばらしいラインナップでした。
まさか、宙乗りはすまいと思っていたら、舞台上で狐くんが飛びました。そして消えた狐くんは、なんと東太夫さんの見台がパカっと開き、狐くんがピョンと出てきました!わーーーー。驚いたぁーーー。
カーテンコールもありました。最初にみたときには、おちついて、出演者を紹介する座頭 海老蔵さんでした。あーもう、あの4年前の所在投げに はにかむエビゾーさんはいないのだなぁと思いました。この日は、さらにねりあげられたカーテンコール。みなが出てきたあと(義太夫さんたちも)下手から上手にさーっと狐がはしりぬけます。(替えの狐、升一さんk¥だと思います)そして、天井のところから、クルンと海老蔵狐が登場し、舞台中央へすーっと進む。キャーキャー。ブラボー。本当に楽しかった。 劇場中が、明るい気分になりました。素直に、楽しめる舞台になっていました。
隣の席には、キュートな2人。ロンドン在住の方のよう。赤っ面がでてくると彼女が彼の腕をつかんだり、また赤っ面が出てきたら 大丈夫だよって感じで、彼が彼女の手をとったり。かわいい。 そうかこうやって怖がるのかと、女子力についてこっそりと学びました。 「出があるよっ」に見事にひっかかって揚げ幕の方をみていました。舞台上に、狐が現れたのをみて「おお!」と驚いたり。楽しそう。終演後、超ゴキゲンで定色幕の前で、ピースして写真を撮り合っていました。(昭和のアイドルのようなポーズ&笑顔で、ジャパニーズスマイル!って言って写真を撮っていました?!)
私も、すこぶる楽しかった。周りのみんなの楽しさも伝わってきて、もうとびっきりハッピーになりします。わぉとか言ってみてもいい程。

ホクホクしたまま、ホテルへ。おおかた荷造りをしておいたので 楽ちんのはずが、そこそこかかりました。ちょっとすいてきた小腹を、残った食糧 たべきれなくてもって帰ってきた、 アフタヌーンティーのジンジャークッキーなどで満たしました。このソファで夜更けまで、おしゃべりしたりして楽しかったな。快適な部屋でよかったねと お茶をのみました。
この旅で思い残したことなどないわ。

|

« さようなら倫敦、ありがとう倫敦 | トップページ | 天下のナショナルギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/35594487

この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵丈奮闘 欧州歌舞伎:

« さようなら倫敦、ありがとう倫敦 | トップページ | 天下のナショナルギャラリー »