« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 狂言ござる乃座44th »

2010年9月18日 (土)

銀座目利き百科街

覚書(9月のね)

友の誘いで、一緒に松屋銀座へ。平成二十二年度日本デザインコミッティー企画展 「銀座目利き百科街」展へ足を運んできました。ご招待ありがとう、友よ。
8階催し物ゾーンは、有料の観賞&買い物ゾーンと、誰でもみることができる販売ゾーンとにわかれていました。どちらも充実。
隈研吾・深澤直人・佐藤卓・原研哉・浅葉克己・ナガオカケンメイ・・・ 錚々たる顔ぶれの展示。展示ではなく販売。箸置きのような木が、値札になっているのが、品があります。ちょっと手がでないような金額なので、安心してくまなく観賞。1人のデザイナーに与えられているのは、共通のサイズの半畳ほどの真四角の台。 そこに、ぐい飲みばかり並べたり、仕立て屋がモーニングを1点置いたり、手を加えたビニール傘、鳩時計が並ぶ。草でバッタを編んだもの人もいました。すばらしい装丁の貴重な本を10冊弱並べた人のはすてきでした。奈良原一高の写真集は見かけただけでうれしかった。小山薫堂さんは、実際に座っていらっしゃいました。「文字のはかり売り」だそうです。彼の四角いスペースには、原稿用紙がちらばっており、眼の前に座った女性へ ワンフレーズを書いていました。友の視察によると、愛人と妻をおり込んだ一言でした。うーむ。
板の上で、丸いおおきな木のお盆のようなものを、いろんなところにずらして置いては考え込んでいるオシャレ男子がいました。近寄ってみると、自分の好きな節目をいかして、木のお皿をオーダーするものでした。いろいろな種類の一枚板がおいてある。すでに売約済みの丸が沢山。面白い発想。これが、一番好きでした。そして、会場にはオシャレ男子がいっぱいでした。友がオシャレ男子は必ずバック斜めがけだねと。2人でオシャレ男子観察もしました。
デザイナーのセンスの勝負。この場所で、デザイナー達が設定しているときには、バチバチと火花が飛び交っていたのだろうなぁ。第一人者のアイデアは、すこぶる刺激的でした。
販売ゾーンも、心ひかれるものばかり。染ものや、竹かご、木の器にうっとり。特にすばらしかったのは、木のスツール。座ると、本当にちょうどいい具合。見た目もいい。100年たってもそこにあるような、丈夫で 飽きずに そして何よりも使いがってがいい。 そういう底力のありそうな、手触りのいい、いいものがあれこれありました。 あぁ。裕福だったらよかったのに。(あと空間のたっぷりした住居も必要。)

|

« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 狂言ござる乃座44th »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/36811658

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座目利き百科街:

» 松屋銀座にて [原宿の裏の方でアクセサリーのセレクトショップ8s]
松屋銀座にてYYossYYの展示会です [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 22時42分

« 高島野十郎と同時代作家展 | トップページ | 狂言ござる乃座44th »