« 『幻の声 ~髪結い伊三次捕物余話~』 | トップページ | 最後の忠臣蔵 »

2011年1月 3日 (月)

pen キリスト教とは何か。

Photoあけましておめでとうございます。

久しぶりに観劇のないお正月休み。海老蔵さんの復活を待って、のんびりとしたお正月となりました。待ってますよ。 初売りをちょっとのぞき、賑わいぶりに驚いたり、まんまとひっかかって お買い物したりしました。

お正月にのんびり読もうと思っていた 「pen キリスト教とは何か。」「pen キリスト教とは何か。Ⅱ」を読む。西洋美術を鑑賞するにあたって基本的な事柄が紹介されている。勉強会の講義でとりあげらられた絵画が沢山登場。これこれと思う一方、これ、何の説明を受けたのだったであろうか・・・ と思いだせず首をかしげることも多々。 今年も、しっかり学んでいこうと思うのであります。
旧約聖書と新約聖書の系図が特に面白かった。カインとアベルの弟。アダムが130歳のときの子。という注釈はたまらない。ミケランジェロ、マザッチョ、カラバッチョ、ティントレット、ダ・ヴィンチ、フラ・アンジェリコ、ボッティチェッリ などなどそうそうたるメンバーの作品で解説というのは面白い。絵画をみるだけでも、これだけ集めてもらうというのは、なかなかありがたい。
教会の紹介も面白かった。名だたる建築家の設計した教会は奇抜でなく美しい。 森美術館のアーキラボ展やル・コルビジェ展でみた教会の模型は、これだったかしらと考える。ちゃんと記憶しておけないことが残念。今は、「とにかくみてみよう」期間なので、とにかくみにいこう。
キリスト教とは何か。に関しては はっきりとした解答は得られませんでした。まだまだわからない。でも、面白そう。 

|

« 『幻の声 ~髪結い伊三次捕物余話~』 | トップページ | 最後の忠臣蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/38316817

この記事へのトラックバック一覧です: pen キリスト教とは何か。:

« 『幻の声 ~髪結い伊三次捕物余話~』 | トップページ | 最後の忠臣蔵 »