« 狂言の会 | トップページ | 『ウォッチメイカー 上』 »

2011年1月26日 (水)

『ザ・万歩計』

そういえば、これ去年読んだなぁと思いつつ。万城目学『ザ・万歩計』(文春文庫)をもう一度読む。オモチロイ。
前に読んだときは、人類代表としての選曲のところで吹き出しました。あと渡辺篤史のトコ、見事とうなる。面白おかしい自分自信の作家への道が興味深かった。感心しました。京大生活とか、小説のようでした。放牧民族へのあこがれを、実行に移し、あまりの過酷さにへこたれるところに、物書きになる人の凄さをみました。実行に移すって できることではない。そういう若気のいたりの行動が、プロとしての血となり肉となるのだなと思った。だからこそ、普通の暮らしの中にある、ちょっと普通でない変テコさの世界がうまれるのだと。
風が吹いたら桶屋がもうかるの章もすき。学校生活で、進路を変えるような出来事がある。でも、それはみんなの身に起こっている。それを自分自身で自分の心に響かせることができるかどうかの違いだけなのだ。与えられるのを待っているだけの人は、自身の心に響かせることはできない。なるほどなぁと思う1冊。面白く、そして大いに感心しました。

|

« 狂言の会 | トップページ | 『ウォッチメイカー 上』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/38622865

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・万歩計』:

« 狂言の会 | トップページ | 『ウォッチメイカー 上』 »