« 12夜 | トップページ | 壽 初春大歌舞伎 昼の部 »

2011年1月11日 (火)

壽 初春大歌舞伎 夜の部

引き続き観劇。こんどは一人で。
寿式三番叟から。幕があがりかけたところから、「天王寺屋」「天王寺屋」と沢山の大向こうがかかる。がんばれーと胸厚くなる。いつもは「若天王」ってかかっていたのにね。がんばるんだよと力いっぱい拍手。 附千歳の鷹之資くんは面箱を持ち、翁の梅玉さん、千歳の魁春さん、三番叟の三津五郎さんと一緒に大セリで登場。劇場中の応援の心を感じました。 丁寧にしっかりと、気合をいれてがんばってました。「天王寺屋!」富十郎さんも、翁としてさぞ登場されたかったことでしょう。
三番叟の三津五郎さんをみて、やっぱり踊りがうまいなぁと再確認。
続いて、源平布引滝。実盛物語。 海老蔵襲名時に、ずいぶんみたなあ。 團さまの斎藤実盛はキュートでした。三津五郎さんといい、立派な大人の方がかわいらしさを出すことができる。そのすご腕が歌舞伎のいいところ。九郎助に 市蔵さん。瀬尾十郎に段四郎さんという顔ぶれ。お二人ともどの役でも大丈夫なのですね。 魁春さんの小万は、一瞬の生き返りの力がありました。かよわそうなのに。
馬に乗るところは、やっぱりいいなぁ。格好いいし、雰囲気もいい。観ていて ついつい笑顔になる。大きくなったら敵を討ちに来いよというセリフと、その裏の感情があって好きな場です。郎党として種太郎くんと巳之助くんがまたまた登場。一日中がんばってます。悪党の甥に、新十郎さん。おにあい。小よしの右之助さんのおっかあぶりが、あたたかくすばらしい。
最後にもうひと演目。浮世柄比翼稲妻。浅草鳥越山三浪宅の場と吉原仲之町の場。
これはみたことがないと思っていたら、ありました。しかも三津五郎さんの山三で。あーこれ、金毘羅の!と思いだす。今月は全て再見でした。前はどなたで観たかしらと反芻しつつ観る。ちなみに金毘羅の時の鞘当の不破は、海老蔵さんでした。
名古屋山三と、不破伴左衛門の鞘当の場は、よくかかるので何度も観ています。山三浪宅の場が追加されただけでは、まだまだ山三を応援できないないなぁ。全貌はどうなっているのでしょう。鶴屋南北ならではの味がまだわからなかった。
三津五郎さんの名古屋山三は、浪人となったとは思えない鷹揚さ。現実がわかっていない男に、そんなに皆尽くさなくても・・・でも三津五郎さんの山三なら、尽くされるかも。 下女 お国は自分の着物を売ってでも山三さま大事と尽くす。 そんな家賃も払えない貧乏なくらしをしている長屋に、花魁がみあがりで訪ねてくる。こののんきさ。 尽くす下女お国ちゃんも、訪ねてくる花魁 葛城太夫も福助さんだからまぁいいか。再び侍として仕えたいと策を練る父やら、のんきにみせかけ実は父の仇を討とうとしている山三らの暗躍の中、お国ちゃんは誤って飲んだ毒のために虫の息になりそして刺されて息絶える。今月の福助さんは刺されっぱなしです。

|

« 12夜 | トップページ | 壽 初春大歌舞伎 昼の部 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壽 初春大歌舞伎 夜の部:

« 12夜 | トップページ | 壽 初春大歌舞伎 昼の部 »