« 道行初音旅 | トップページ | 『板尾日記 1』『板尾日記 2』 »

2011年3月14日 (月)

3月11日14:46

11日に大地震があった。あわてたが何もできぬまま時が過ぎた。とにもかくにも家に帰りたかった。職場の御茶ノ水から品川まで歩いた。新橋までは、見知った道なのですいすい歩いた。新橋から品川。第一京浜沿いは、歩くしかない人々がいっぱい。この3kmが長かった。9:30。この暗さではもう無理と品川で待機することにした。駅は明るく人も沢山いて安心だった。とても寒かった。プリンスホテルに行ってみた。ここでは、ロビーや通路といった場所を提供してくれていた。ありがたかった。暖かい通路に座ったとき、本当に心の底からほっとした。助かった。もう大丈夫と思った。寒い駅にいた時間はわずか30分程のことなのに。暖かいということは本当にありがたいことだ。私は宴会場前の通路に場所をみつけた。人が増えたら、場所を詰めあう。携帯の充電器を持っている人がいれば貸しあう。おばさまは 赤ちゃんが泣くのを恐縮する若い母親に 暑いんじゃないのかと気にかけ、泣いても平気よと声をかける。就職活動中の子たちが大変でしたね、どこからですかと声を掛け合う。カロリーメイトならあるわよという声や、新聞を引いたらと渡す人もいた。声を掛けるという行為を、みな自然にしていた。震災に人は全く無力であるけれど、人の心はいい。人にしてもらってうれしかったことは、すぐ隣の人にすることができる。こういう気持ちが自分の中にあることを感じ、人は変わると思う。もちろんいい方に。
ホテルの人は、避難してきた人にも、実に立派な接客をしていた。どんどん増える帰宅できない避難者を、丁寧に案内してくれる。小さな子をつれた人や年配の方には布団が渡されていた。ロビーにはテレビが置かれ、震災の情報を流し続けていた。朝は、ゴミを回収してくれた。避難所に指定されたところでは、休まず働いてくれている方々がいるのだ。本当にありがたかった。
我々は、その日帰れないだけである。離れた場所でも、とても長い揺れに何もできなかった。関西大震災のときのことを思い出した。とにかく家に帰りたいと思った。そして帰るところがあることのありがたさを感じた。自分の住む土地に 凄まじい災害が起こり、家や家族を失う方がいる。自分の周りが日常に戻ってしまっても、その大きな痛みを受けた人々のことを忘れてはいけない。そう思う。 そして、救助のため不眠不休で働いている人々を尊敬する。

職場から家までの遠さをしみじみ実感した。3時間半歩いたところで1/3も帰ることができていない。どうにも帰ることができないことをわかっていなかった。携帯電話はつながらない。公衆電話は強い。が少ない。そしてなにより災害の前に無力だと知った。
人は集団になると、批判や要求ばかりするものである。が、個人は捨てたものじゃない。いろいろな人の優しさに心が温かくなった。感謝した。そのことをしっかり覚えておく。

|

« 道行初音旅 | トップページ | 『板尾日記 1』『板尾日記 2』 »

コメント

ちょっと読んでて涙出ちゃった。
この涙はなんだろう?
辛かったねっていうのと、
まだまだ人間も大丈夫っていう希望、かな。
怖かったことも優しくしてもらったことも、
忘れないようにしようね。
そして今できることをきちんとしたいです。

小学生の感想みたいですみません。

投稿: noppy | 2011年3月21日 (月) 09時43分

大変でしたね。私も朝日カルチャーの住友ビル7階にいました。一晩、あまり情報もないまま(TⅤは4階)、電車は深夜に動きましたが、一泊しました。私も、暖房もあり、ライフラインもあるビルで、カルチャーの事務の方々の暖かい手助け(仮眠室を作ってくれたり、少しの食糧を調達してくれたり)に不安や恐怖が薄らぎました。でも、被災地の人たちを思うと胸がつまりますね。いつかあの方々がゆったりとふだんの生活に戻れますようにと祈らずにおれませんが・・刻々私たちにも被害が及んできそうで怖いです。

投稿: ginsuisen | 2011年3月22日 (火) 00時16分

noppyちゃん

おさるちゃん(noppyちゃん)が言っていたように、「普通」 ということがどんなに素敵なことだったか、忘れないようにしようね。

小学生の感想というのは、いい格好しいをしないストレートな言葉だと思います。
ストレートな感想を、どうもありがとう。
うれしかった。

投稿: マイチィ☆ | 2011年3月22日 (火) 23時04分

ginsuisenさま

新宿にいらしたのですね。家から遠いところにいると、家が家族が恋しいですね。家に帰って、現状を知った時に愕然としました。困ったときに全体を見るということはとても難しいことです。でも努力したいと思います。
わたしも、大地震の影響で辛い思いをされている現地の方々が、少しでもふだんの生活に戻れますようにとお祈りします。

投稿: マイチィ☆ | 2011年3月22日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/39229297

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日14:46:

« 道行初音旅 | トップページ | 『板尾日記 1』『板尾日記 2』 »