« 役者は揃った 「特別展 写楽」 | トップページ | 『プリンセストヨトミ』 »

2011年5月30日 (月)

『鹿男あをによし』

そういえば、未読であった。万城目学の『鹿男あをによし』(幻冬舎文庫)を読む。ドラマを観てから原作を読むという順番になった。綾瀬はるかはどこ?ドラマ化って恐ろしい。 でも堀田イトの田部ちゃんはぴったりだなあ。
奈良という土地が後押しする歴史的深みとかをどっぷり感じながら 重くならず面白い。のんびりしているようで、時間的制約に追われたり緩急もいい。出てくる人が魅力的で、いいところだなぁ。住んでもいいかもと思った。
解説は児玉清さん。読書家として有名だったそうです。つい最近そのことを知りました。児玉清さんの解説がとても好きです。訃報に接し、読みながら寂しくなる。上品で、いい本と出会ったときの嬉しさがいい。そんなに褒めている本を読んだのねと こちらまでうれしくなる。そんな人柄にあふれた解説文でした。合掌。

|

« 役者は揃った 「特別展 写楽」 | トップページ | 『プリンセストヨトミ』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鹿男あをによし』:

« 役者は揃った 「特別展 写楽」 | トップページ | 『プリンセストヨトミ』 »