« 池田進吾(67) | トップページ | 六月大歌舞伎 夜の部 »

2011年6月 5日 (日)

手塚治虫のブッダ展

覚書
写楽の時にブッダ展もみていたことを思い出しました。東京国立博物館でも、写楽は平成館。ブッダ展は本館 特別5室にて。
手塚治虫さんの『ブッダ』のオリジナル原画の横にその場面を表す東博所蔵の仏像や石像を並べ、ブッダの生涯を順を追って展示。「文化遺産と現代文化を融合しながら、手塚が追及したブッダの世界を間近に鑑賞していただく展覧会」とのこと。そんなに大袈裟なものではない。
博物館は、おカタイ訳でなく面白いものがありますよという、とっかかりとしては面白いと思う。 ブッダは、母・摩耶夫人(マーヤ)の右脇下から生まれたと伝えられている話。手塚治虫さんの原画で読み、その後 仏像でみる。重要文化財の摩耶夫人像(飛鳥時代 7世紀)。あれ?仏像って面白いかもと思うではなかろうか。 パキスタン・ガンダーラ(クシャーン朝2~3世紀)の仏伝図「摩耶夫人の里帰り」という石像も、面白かった。
ただ、これで800円の特別展扱いにするのはどうであろう。常設展示の扱いで、太っ腹にみせて欲しかった。 確かに、手塚治虫さんの直筆の原稿というのはありがたかったけれどもね。 写楽で稼ぎここはバーンとふとっぱらに東博入場者みんなに見せて欲しい。もしくは、もっと出展数を増やし一大生涯絵巻のような展示にしてほしい。 
この展示を見た親子連れが、映画「手塚治虫のブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」を見に行くかもしれないではありませんか。映画配給会社がもうちょっとがんばるとかして欲しい。
最初は、ついつい漫画「ブッダとイエス」の登場人物!という不謹慎な見方で見進めてしまいましたが、誕生 苦悩 成道 涅槃 という区分で仏陀の生涯をみて、すごく興味がわきました。ちょっと仏陀について読んでみたくなった。 手塚治虫さんの解釈が入っていて、そこも興味深かった。
以前、常設の展示で、たしか仏像の道と銘打ち、仏像がインドからアジアをとおり日本へ入ってきた変遷をたどる展示を行っていました。 結構長いこと続いていました。あれはすばらしかった。スペースも品数も多く面白かった。毎回、楽しかった。 そういうものと比べると、有料でこれ?と思ってしまうところがもったいない。やや過剰な照明が、余計そんな気分にさせる。 原画を読むという人が集中する展示の割にはスペースの配分が悪く、混雑していました。まず字を読む人ばかりなのだから、少々離れても読むことのできる大きさの原画のコヒ゜ーを展示し、読むスペースを作り、その後 原画を展示したらどうであろうか。そんな展示案まで考えてみました。大好きな東京国立博物館なのでね。常にパーフェクトを求めてしまいます。
辛口ついでに。「かまわぬ」と「手塚治虫のブッダ展」のコラボレーション限定手ぬぐいが会期半ばを待たずに完売したのは仕方ないかもしれませんが、Tシャツも一部欠品(完売)していました。確かに、色みもよく 柄も確かによくみると仏陀というぐらいの なかなかのデザイン。 わたくしが特設売店を物色している間中、しばしば いろんな人がレジの女子に質問し 売切ですと謝られていました。売り子ちゃん同志 小声で「こんなによく売れるTシャツはめったにないのになぜ再販しないのか」と言いあっていたのが面白かった。
愛あるとはいえ文句を言ってしまいました。パスポート鑑賞者の私は 余分な出費もなく、スタンプを押印で入場できましたし、中身も結構楽しんできました。
がんばれ東博。

|

« 池田進吾(67) | トップページ | 六月大歌舞伎 夜の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/40266685

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫のブッダ展:

« 池田進吾(67) | トップページ | 六月大歌舞伎 夜の部 »