« 島鵆沖白浪 その弐 | トップページ | 国立劇場 鑑賞教室「河連法眼館」 & 程ほどの大切さ »

2011年6月 8日 (水)

オグラカタビラ 「ハレ」

Dreams come true.
先週末 Gallery S.c.o.t.tというところに再びおじゃまして参りました。 竹ノ輪 × 小倉充子 「オグラカタビラ」展、こんどは「ハレ」。ここぞ!という時用。  「ハレ」と「ケ」に分けたところが面白い。 染色家 小倉充子さんの手染め絵羽模様の着物作品を見てきました。
とにかく、作品を見てみたい。機会があるたびうかがっておりました。といっても、まだ4回目。そして、密かに?!「死ぬまでに是非一着」という夢をいだいておりました。
ちょうど用事で都心にでてきていた両親と待ち合わせ、展示会をのぞいてきました。そして、あーコレ!という作品と出あってしまいました。これ、格好いい。と思いじっとみる。見れば見るほど格好いい。 実際に、はおらせていただきました。粋な柄と対照的に、地の色のやわらかいこと。さっぱりと無地のようで、よくみると実は優しい色みの縞。凝っているのは背中側。前からみると大人しそう。実は・・・というところが粋。 そして柄に粋な仕掛けが。惚れました。
秋にアッシジに行こうかなとちょっと貯めかけていた予算をこちらにつぎ込むことに致しました。 そう、夢をかなえてしまいました。注文しちゃった。 道を歩きながらも、ついつい「わたくしの素敵な着物」のことを考えてしまいます。ふふふ。

|

« 島鵆沖白浪 その弐 | トップページ | 国立劇場 鑑賞教室「河連法眼館」 & 程ほどの大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/40319494

この記事へのトラックバック一覧です: オグラカタビラ 「ハレ」:

« 島鵆沖白浪 その弐 | トップページ | 国立劇場 鑑賞教室「河連法眼館」 & 程ほどの大切さ »