« 『図書館内乱』 | トップページ | コクーン歌舞伎 盟三五大切 »

2011年6月23日 (木)

『レインツリーの国』

『図書館内乱』の中に出てきたので読みたくなった。有川浩の『レインツリーの国』(新潮文庫)を再読。はじめてよんだ有川浩がこの作品でした。Yondaパンダキャンペーンに応募しようとパンダ帯のついた本の中から探した一冊。そんな出会いでした。思ったより面白い(えらそう)と思った記憶があります。
聴力に障害のある女の子と恋する男のお話。イヤなこと、知ってほしいこと、エゴ。「可哀相」という言葉のエゴ。大変だからって拠らず触らずにいる残酷さ。誰にとっても不快でない本などない。読んだ人に何かが残る一冊だと思う。 大切なら言い難い事でも言うという勇気をなくしているかもと思った。『図書館内乱』とのコラボも楽しみました。

|

« 『図書館内乱』 | トップページ | コクーン歌舞伎 盟三五大切 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/40523550

この記事へのトラックバック一覧です: 『レインツリーの国』:

» 「レインツリーの国」    有川浩 [遠く遠くこの声果てなく]
―「普通の女の子」として、愛されたくてなんて胸が苦しくなる本だろうか、「幸せになってくれ、なってくれ」とこれほど願いながら読んだ物語はないと思った。喧嘩のやり取り。健常... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 01時08分

« 『図書館内乱』 | トップページ | コクーン歌舞伎 盟三五大切 »