« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

七月大歌舞伎 昼の部

覚書

海の日 3連休に観てきました。今度は、昼・夜 別の日にひとつづつ じっくり鑑賞。
勧進帳は、本当に面白い。
最前列の花道の真横で観ました。弁慶は大きいものと思っていましたが、團さまの弁慶は本当に大きかった。 花道七三に、義経が登場し、四天王が登場し、そして弁慶が現れる。 隠れようかと思うほど大きくて迫力がありました。 近くて嬉しいのと ちょっと怖いほどの迫力と 贅沢な思いをしました。
海老蔵さんの富樫は、初日よりずっと落ち着きましたが(初日はあの高揚感がよかった)、己の中のあつい思いが前面に出すぎていて 弁慶とのやりとり 呼応という点で少しもったいない。対する弁慶が團十郎さんなので、バランスが悪いわけではないのですが、私の中で富樫は 抑えるあつさも持つというイメージがある。 義経一行かと疑うところも、すべてわかった上で詫びてみせるところも なにもかもがパワー全開でした。 全てをわかって引き受けるという部分の静のメリハリに欠けたかもと思う。 だが、パワー全開のまま最後まで通せるのはすごい。求心力のある人だと思う。 あれは、義経ではと 疑った瞬間の迫力はすごかった。(扇をバシっと投げ捨てがっと寄ってくるところ。) 面白いほど。 ぐっと宙をにらみひきあげるところも迫力があった。
とにもかくにもという迫力。 それを受け、さらに盛り上げる鳴りものに大注目。 よし こい とい受けて立つ感じで たのもしく 格好よかった。ほれぼれ。 冒頭、富樫に疑われ 山伏であることを証明するために、こしらえに後見の所に戻る弁慶。 じっとみていると、支度が整うと、後見がそっとうなづき  そこで大鼓が囃子の調子を変えることを発見。うわぁかっこいい。 同じ演目を繰り返しみることで「ここ好きポイント」が増えていきます。かけあいも面白かった。
弁慶が勧進帳を取り出し、いざよみあげんというところの3人がよかった。真ん中で勧進帳を取りだし、はっしと睨む弁慶の團十郎さん。 左からは、そっと(なのですが、ものすごく大袈裟に)背後より窺おうとする富樫の海老蔵さん。 右からは、様子をきにかけ そっと笠に手をかける義経の梅玉さん。 この3人の決めのところが 堂々として見事でした。 大きくて錦絵のようでした。 人が3人定位置にいても、あの緊迫感や大きさというものは出るものではない。ほほう。
松竹座では、團十郎さんの富樫に海老蔵さんの弁慶という親子競演になります。これも楽しみ。
昼の部の最初は、義経千本桜 鳥居前。 右近さんの動きは、大きいのだけど止まると ぴたっと動かない。大袈裟感が いかにも歌舞伎という感じ。 この固さがいいのに、やりとりで響かないときがあるのがちょびっともったいない。悪いのじゃなくて、もっとよくみえていいのにという感じ。 相手役も両方うまいのに。不思議。 やりとりからうまれる、微妙な空気感の大切さを感じる昼の部でした。
最後は、楊貴妃。この大佛次郎作品の楊貴妃の表現したいことはわかる気がしたけど、楊貴妃 福助さんの気持ちは伝わらなかった。歌舞伎にすることの違和感を感じた。わかるのだけど、乗らない。高力士には海老蔵さん。きれいな分だけ なお惜しいと思うこの感じは なんなのでしょう。ぐったり。
とにもかくにも、パワフルな昼の部でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七月大歌舞伎 夜の部

海の日 3連休の時の覚書

吉例寿曽我から。いつもの対面でなく 鶴ヶ岡石段の場と大磯曲輪外の場。あまりかからない場には かからない意味があるなとも思う。曾我兄弟の話をしっかりわかっている時代の人達には、脇道も面白い趣向であろうけれども、その世界をしっているという前提がないと 話は全くわからない。 対面でいつも工藤の横に並んでいる海老茶の裃の近江小藤太と八幡三郎が、お家横領を企む側と忠義心の篤い側に別れていたとは。石段の場を見てはじめて知りました。へぇと思ったけれど へぇと思っただけでした。がんどうがえし付き。 大磯曲輪外の場は、だんまりでした。
7月の一番のお楽しみは、海老蔵さんの復帰。 こんなに我慢して待っていたのに 勧進帳に春興鏡獅子もなんて、贅沢すぎ。発表を聞いたときには、そんなにすごすぎないものでお願いしますと思いました。 病み上がりに、ステーキだされるみたい。まずは お粥からお願いしたいわと。 でも、ステーキ食べてみたら案外ペロリと食べちゃいました。
うれしいのだけど、やはり いろいろ目につくところもある。 そして、長い踊りなのに 長さを感じさせないひきつけるものがありました。 獅子はとにかく格好よかった。毛振りは、はりきりすぎぎみ。はりきり廻し以外は美しかった。決めるところは きちっと決める。形が決まっているとき なんだか遠くをみている感じがした。 荒涼としたところに毅然としているただずんでいる獅子でした。そこが印象的だった。  (きりっとした後見は新十郎さん)
夜の部の最後は、「江戸の夕映」。筋書をみてみるとこれは松緑・菊之助・海老蔵時代に演じていたのですね。てっきり三之助かと。印象深かったので ついつい自分の思い出と照らし合わせつつ観る。 年配者(團さま・福助さん)との会話になると やりとりに膨らみが出る。 若者どおしのときに出るひたむきっていうのもいいけどね。味わいつつみる。
船宿の娘さんは、宗之助さん。うまいし、かわいらしい。萬次郎さんといい、台詞をきいているとすーっと時代ものの世界に入ることのできる。橘太郎さんも。とってもよかった。
こちらも大佛次郎作品。そうそう、こういうのを歌舞伎でみたいんです。(これは楊貴妃を演目として選出したことへの意見。) 細かな機微も効いていました。物言わぬところの心情を感じつつみる。いいねぇ。
徳川の世が終わるころの時代。 海老蔵さん演じる小六は、まっすぐな気性の持ち主。けなげに信じて黙って待つお登勢 ちゃんは 壱太郎さん。お登勢ちゃんの従兄弟で朋友の堂前大吉に團さま。お相手はきっぷのいい柳橋芸者のおりき 福助さん。 今の大河ドラマでは徳川の世はまだはじまっていないけど、こうやって終わる日もくるんだなと思う。 それぞれの信じるものに、方向がかわっても一生懸命な 明治元年の人達の思いを楽しく観ました。
ああ、三之助の組み合わせの歌舞伎がみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

さや侍

先週、トーホーシネマズディに映画をみてきました。さや侍。いい映画で、驚いちゃった。
時代劇というので、一応みておかなくっちゃと思い 映画館へ足を運びました。 予告編でよく流れていた①刀を持たない侍 ②若殿を笑わせることができないと切腹 という予備知識。 うっかりしていると内容をたれ流すテレビに気をつけました。
面白かった。 役者は、しっかりしている。豪華すぎない。 なぜ、刀を持たないという道に至ったのか。この描き方がしんみりよかった。 侍が人を笑わせる おろかな振る舞いをするということがとれだけ屈辱的な時代であったか、ちょんまげの世の中の社会の常識というものが、ちゃんと前提にある映画であった。
1日1芸、鞘だけを持つ侍 野見勘十郎が、若殿を笑わせるために挑む。 その方法は地道だったり、突拍子もなかったり。 ありえなさとの かねあいがとてもいい。
若殿を笑わせなければ切腹という事態におちいった ぼろぼろの侍 とその娘 という親子だけでなく、笑わない若殿と その父である殿という親子。 言葉にしない親子の相手を思う気持ちを静かに じわっと感じる。
毎日 ひたむきにしずかに挑む さや侍 野見勘十郎、毎日 側にいる番卒(板尾創路と柄本時生)、周りで暮らす町の衆。 毎日をつみかさねることで人の持つようになる、愛情がよかった。
最後にはボロボロ泣かされました。 その懐に抱いていた大きな気持ち、そのまっとうさに参った。 どうして、この道にしかないのか と見ていた全員が思い、そして そこに至る思いを知り 圧倒された。 ああ、そういうことだったのかと素直に感動した。 あの人(松本人志)っていい人なんだなと思いました。
帰りみち、あーいい映画をみたなぁとホクホクした気分で帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ベッジ・バートン

梅雨明けした先週末。暑い中、浴衣を着て世田谷パブリックシアターへいってきました。萬斎師の出演されるお芝居 ベッジ・バートンを鑑賞。3時間程の長いお芝居ですが、長さを感じなかった。こんなに面白いとは!期待していって、それ以上でした。笑って笑っているうちにじんわり泣けて。でも笑って。 三谷幸喜、やるなぁ。
留学先の英国で、なかなか言葉が出てこなくって、この時代に留学できたような立場の人のもつプライドなどにも押しつぶされそうになっている夏目金之助。
自分の想いを「言葉」にし、誰かに伝える。
これは、永遠の課題だと思うけれど、こういうテーマを うまくちりばめられている。 浅野くんの一人で十一人分大活躍することは、それはそれで面白いけれど 底に排他的なものが潜んでいる。 大泉洋は、下宿の同居人である社交的な日本人ソーターロー。表面でしかみえない人間の、実はこうおもっている部分の残酷さの出し方が、やっぱり三谷幸喜だと思う。実は好きじゃない、それどころか憎んでいるというキツイ心情を吐露させても、まだあれだけ憎めなさを残しておく人物設定になっているのは見事。
夏目金之助は、姿勢正しく そして何だか人間が正しい。その融通のきかない感じが、悪くないかたくなさになっているのは師の魅力。 内向的でも、人と深いつながりを持つことのできる何かをにおわせる人でした。
ベッジ(実ハ アニー)は、深津絵里ちゃん。映像の人かと勝手に思いごめんなさい。テンションを維持する集中力がある。自分をわきまえていて、案外人をみている。あきらめと押しつけがもうすごいスピードで入り乱れる。その魅力に引き寄せられるのがよくわかる。みごとだった。うるさくてかわいい人だった。元気づけようとしてうまくいかない様子は抱きしめたくなるくらいかわいらしかった。 人の話を聞かないベッジの弟とのやりとりは、すごかったなぁ。ポカンとするおもしろさ。
誰でもが背負っていっるコンプレックスは、環境と人によりいろんな形で人を苦しめるけれど、ヘコむことを跳ね返す力があれば、それはだれかと繋がることになる。
言葉ってすごいなぁ。
その言葉で、本を書くということを思わせた瞬間がよかった。 また夏目漱石がよみたくなった。特に、教科書にのっていたようなものを。
そして、萬斎師はやっぱりかっこいい男であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

国立劇場 鑑賞教室「渡海屋・大物浦」

先週、国立劇場にいってきました。歌舞伎鑑賞教室。6月7月と義経千本桜を上演。6月は翫雀さん・壱太郎くん。河連法眼館の場。今月は、 渡海屋の場・大物浦の場。
鑑賞教室は、客席中ほとんどが高校生。いつも、にぎやかながら 面白い感想を口にするのが可愛らしく思っていました。 それは、3階でみていたからでした。 1、2階の高校生から少し離れたところでみると、ほほえましいところのある彼らですが、1階で観劇すると ちっとも微笑ましくない。うるさく、傍若無人。 「おだまりっ」と心の中で叫びましたことよ。無礼な事をあえて粋がってするお年頃ということはわかるますが、限度がある。この日は特にひどかったかも。これから鑑賞教室の月は絶対に3階。もしくは社会人のための日にしよう。
そんな暴れん坊(悪たれども)の学生諸君を、ぐっとつかんだ松也くん。見直しました。やるなぁ。 こびずにさらっと自分の方を向かせたところはあっぱれ。
渡海屋の場・大物浦の場。知盛は松緑さん。渡海屋 銀平のときは、頭が小さく感じた。不思議。顔は大きくみえる方がいいなあ。 知盛になってからの方は、大きくてよかった。 芝居中ずっと 全般にわたり気合が入っているように感じた。そのため、ちょっと起伏にかけたかも。おしい。 けれども、はい ここは見せ場ですよ という 感情をあおるようなドラマティックさを押さえていることにより、知盛に誠実さを感じました。 信じられる男であった。 典の局は魁春さん。 しっとりしていました。控えているけれど、その存在は大きい。静かにそういう空気をだしていました。 相模五郎と入江丹蔵 は亀三郎・亀寿兄弟。いいねぇ。声もいいし、動きはキビキビしてるし。もっともっと大活躍してほしい。出てくる度に、場がパッと明るくなった。 安徳帝は、大河くんとダブルキャストだったようです。私がみた回は女の子。辞世の句を詠んだり、声をかけたりする様は、ちびっことは思えない。「永々の介抱はそちが情け、また我を助けしは義経が情け、仇に思うな。」 この言葉をかけるにふさわしい威厳がある。ありがたい。すごいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

祈り ~尾上菊之助チャリティ舞踊公演~

菊之助さんが東日本大震災復興に向けてチャリティ舞踊公演「祈り」を開催しました。
賛同賛同と浅草公会堂へ駆けつけました。 なんと御自ら 御出迎えして下さいました。 お生まれもお育ちもいい人が、真剣に努力して生きてくると、こういう人ができあがるのねとしみじみ思いました。
まずは、尾上右近さんの『子守』。勝手に天才右近ちゃんと仇名しているのですが、その名に恥じぬ天才ぶり。何もかも違うんです。どんな体勢になってもピクリともしない。指の先や腕や首の角度が完璧すぎ。うますぎて貫禄すら感じちゃう。おしむらくは初々しさがない。ちょっとだけ振りにあった座頭のところのうまいこと。いまはきっちり本筋をなさっていますが、くせのある役にあたったらすごそうです。あえて、地道に精進しているようにみえました。
続いて、菊之助さんの 『うかれ坊主』。もう、菊之助さんのうかれ坊主をみることができようとは。 みたいようなみたくないような。だってあのスタイルですから。鼻の下が青いし。でもやっぱりものすごくみたい。 踊りの上手さがはっきりでちゃう演目です。でてきた当初は、やはり衝撃が。こしらえの点でね。踊るときにつかう筋肉が全部でちゃうのですね。おどけた表情をすると、菊五郎さんを彷彿とさせるものがありました。少しだけ台詞があるのですか、「あぁ そうだった。きれいな声の人なのだった。」としみじみ思いました。
最後に、『藤娘』。 一番前で観ていましたので、 ぱっと電気がついたときのすばらしさったら。大きな藤の中に、可憐な藤の精がおりました。 別世界。 この、うわぁという気分がたまりません。とにもかくにも可愛らしかった。可憐とはこういうものなのね。酒に酔ったかわいらしはたまりません。ああ、眼福。
藤娘は、本舞台で今かかっていても不思議はない感じ。ニンですね。 『うかれ坊主』をみることこができたのが、自分で演目を選択し挑戦された意気込みを感じました。
夢見ごごちの気分にさせていただけて、その上 ここに来た事が、東日本大震災復興へのチャリティとなるとは なんとありがたいことでしょう。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

島鵆沖白浪 その参

七夕の日、にぎわい座へ行って参りました。柳家三三 六ヶ月連続公演 「嶋鵆沖白浪(しまちどりおきつしらなみ)」をききに行ってきました。三話目。
まずは、前座さん。柳亭市楽 兵庫舟。一生懸命だし、早口の聞かせどころの台詞は立派なんだけど、ただ、へぇーと思うのみ。引き込まれない。残酷なものだなぁ。
さて、三三さん。ちらしと一緒に、1・2回目のあらすじが簡略化されてかかれたA4の紙が一枚ありました。自分で書くと思い入れが多く、1回分が2~3枚になっちゃうので他人に頼んだら、こんな行数でおさまちゃったと。休憩をはさみ1時間30分かけて語ったもの、2回分がこれだけ。 よくわかるように書かれていました。でも、その思い入れいっぱいのも読んでみたいなぁと思う。
今回は、そろそろ登場するであろうと思っていた おとらさんのその後。1回目で、佐原の喜三郎に助けられ 相思相愛のくせに堅気のおじょうさんの幸せを祈られて別れ別れになってしまった、娘さん。 両親の病のために背負った借金。 両親が亡くなってからも、逃げ出さずその借財返済のために自ら吉原へ身を売る。 美しく、芸事にもたけ、吉原一の花魁 花鳥になったところを演じる三三さんのすましっぷりがおかしい。 年寄りや子供は、ものすごくしっくりくる。カッコいい親分さんは粋だし、なさけないが色男とか、卑屈な奴なんていうのも、なかなかなのですが、とびっきりの美人となると ちょっと面白い。 三三さんのなかでとびっきりの美人は こんなイメージなのだろうか。ちょっと肝が座りすぎてます。でも、なんだか味方したくなる。幸せを祈りたくなるキャラクターになるのが腕だなぁ。 もう一人の主役は、佐原の喜三郎そっくりの旗本の次男坊、梅津長門。いとしいお方と瓜二つ。顔が似ているだけでいいのかなぁ。 似てたらどうにも心惹かれるのかなぁ。  この梅津長門が、もう後先を考えられない男。いい男なんだけど、妙に落ち着いていて、それで先を考えないことをする。ちょっと考えればどうにもならないとわかるだろうが。でもわかっちゃいない。顔がいいのが、人に不幸を撒く。 花鳥は、好きな男に似ている人を助けるために、吉原に火をつける。火つけをしたら火あぶりですよもう。ああ・・  今回もまた、引き込まれて聞く。 面白い。  牢獄話よかった。石抱きの刑に処されたとき、どうしたら耐えられるか(お役人に軽い対応にしてもらえるか)覚えました。使うことはないけど。使うようなことが起きたら困るけど。
ああ、もうどうなるかとドキドキしたところで、「はい。この先は休憩のあとで」とニヤリと幕を閉める。計算しているのは百も承知なのだけど、実にいい間で運ばれるので ここちよいやられた感がある。  その上、休憩後になると この人が次回でてくるのは9月か10月でしょう なんて いけしゃあしゃあという。 また、また来てねという事でなんてかわいく言われちゃうと、 まぁくるけどと納得させられちゃう。 テレビの番組宣伝のあぞとさとか見慣れていると、こういう腕のあるのをみるとうれしくなる。面白いですよ!と声高にいったり、ほとんど物語を語っちゃったり。 マスコミはもう少し腕をみがくべきだと思いますことよ。
ゲラゲラ笑うような類の話でない。小さな声で語る時も、みなが耳をすませてきく。 じっくりきく。 手に汗を握ったり、ときどきニヤリとしたり。 昔、字を読めない人は、こうやって話を知ったのかなぁ。
つつがなく電話予約しておいた 翌月の4話目の公演の切符を受け取る。前回も今回も次回も補助席。とれてよかった。こういう風に、毎月きくお楽しみってはじめて。


*
佐原の喜三郎に助けられたお虎お嬢さん。喜三郎を命がけで助け 相思相愛ではあるが、堅気と任侠という別の世界。
お虎のその後。両親の病の看病で背負った借金。両親が亡くなり借財返済のために自ら吉原へ身を売る。
美しく、芸事にもたけ、吉原一の花魁 花鳥になる。
そこへ喜三郎そっくりの旗本の次男坊、梅津長門が登場。入れ込むお虎と 吉原に通い詰める梅津長門。あっというまに
落ちぶれる次男坊。 吉原に行く金がないので人を殺め金を取る。その金を持って吉原 花鳥の元へ。 すぐに怪しまれる。
好きな男に似ている人を助けるために、花鳥は吉原に火をつける。 梅津長門はその火事にまぎれて逃げる。
吉原に火つけをしたのは花鳥に違いないと 捕まる。牢獄で責められても、けっして口をわらない花鳥。とうとう白を切りとおす。
その根性で牢名主の地位を得る。 牢の中で身のうえ話を語らせる。 新入りの女が 火事から逃げてきた梅津長門と一緒に
暮らしていることを知る。 梅津長門への恨みから、その女を病死にみせかけ 牢内で殺してしまう。
火つけは火あぶりと決まっているが 自白しないため、花鳥は三宅島に流される。
続く・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

七月おかえりなさい大歌舞伎

ワクワクしながら、初日の演舞場に行って参りました。
待ってました~
昼夜みっちりみてきました。 なんだか感極まってしまい、どう思ったのだろうと振り返ると??自分の気持ちがよくわかりません。後日、ゆっくりと再見します。
とにかく印象的だったのは、復帰の演目。歌舞伎十八番の内 勧進帳。幕があがるまえの 高揚感がすごい。昼は、2階の左脇から鑑賞。そのため、舞台だけでなく 劇場中の感覚も体感。 「いよいよなの?そうなの?本当にでてくるの?」 この日一番印象深かったのは、この幕のあく前かもしれない。 幕にむかって大向こうがかかり、ぱらぱらっと思わず叩いてしまった拍手が起こり 消え また起こり。 緞帳があがり 松羽目に鳴りものがずらっと並んだところで、まず どっと拍手がおこる。 そして揚げ幕があがり 富樫が登場。
わぁ。 登場し、名乗り台詞をいうために止まったところで また、大きな拍手が。 出てきました、本当に。 ご本人も、ぐっときてしまったのではないでしょうか。 気持ちを落ち着かせるためか、この場をかみしめるためか。 ものすごく抒情的な富樫でした。 でも、この日はこれでいいと思う。 なんだかもう、3人分の富樫をぐーっと凝縮したような 気持ちが3Dでうきでてくるような富樫でした。 富樫左衛門にて候と名乗っただけで、また大拍手。 もうね、待っていたこっちとしては手をたたかずににはいられませんでした。 弁慶の團さまが出てきてまた拍手。ああ、揃った。 また感動。 気がつくと、梅玉さんの品のよい懐の深い義経がしっかりと控えていました。 ああ、そうだ義経のためだったなぁと思い出すことができました。 言葉にならない大きな思いを 見ました。 こんなすごい空気は、滅多にない。 鳴りものの気迫もすごかった。舞台の弁慶と富樫のテンションも、客席のテンションも 異常に高い中、なお あの場を盛り上げる音曲を出すというのは、パワーのいることであっただろう。 巳紗凰さんのお姿がみえたのがうれしかった。
泣いちゃうかも っていう会話があちこちから聞こえた。この日に駆けつけるような人は、とにかく大好きな人達。小泉元首相とかね。 盛り上がるだけ盛り上がった中 登場し、更に我々を盛り上げちゃう男でした。 おかえりなさい。 どんな勧進帳だったかは、よくわからない浮かれっぷり。 「観た。」って感じがしました。
春興鏡獅子もそう。 夜の部は、母も駆けつけました。こんどは最前列で♪ あまりにも前だと、さっき感じた劇場中の興奮は わからない。それは、あまりにも近いから。 目の前でみても、本当にみているのだかなんだかわからなくなってきました。 いろんなことを考えながらみたような、何だか考えられず没頭してしまたような。
小姓弥生ちゃんの時の海老蔵さんは、丁寧に柔らかく踊っていました。伏し目がちで 弱気にみえるほど優しく。 獅子になってもどってきたとき、あれ?前はあんなに大きかったのにとちょっと思う。 獅子になってから どんどんどんどんと 少し大きくなったいった。俺をみているであろうオーラが少しだけ 出かかっていました。 確かめるように、かみしめるように、演じているように感じた。 これも、ぽーっとしてのまれてみてました。
昼の楊貴妃には、ポカンとしました。ザ福助ショー。 なぜこれを?なぜ復帰のときに中国人を? 夜の最後の「江戸の夕映」をみて、おりき姐さんの方がずーっと粋できっぷがよく かっこいいですぞ 福助さん、と思う。
「江戸の夕映」は、三之助が 演舞場で演じた友情物語の時より、ちょっと大人のおにいさん(團さま)・おねえさん(福助さん)に守られる 悩める小六青年(海老蔵さん) とけなげなお登勢ちゃん(壱太郎)という組み合わせになりました。 今回のおかえり歌舞伎には、いい配役ですが また三之助で(元三之助で)観たいなぁと思う。
浮かれポンチは、一日中幸せでした。 どうもありがとう。 おかえりなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

とうとう

_crop
待ってました~
復帰した姿を観に、演舞場へ行ってまいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »