« さや侍 | トップページ | 七月大歌舞伎 昼の部 »

2011年7月28日 (木)

七月大歌舞伎 夜の部

海の日 3連休の時の覚書

吉例寿曽我から。いつもの対面でなく 鶴ヶ岡石段の場と大磯曲輪外の場。あまりかからない場には かからない意味があるなとも思う。曾我兄弟の話をしっかりわかっている時代の人達には、脇道も面白い趣向であろうけれども、その世界をしっているという前提がないと 話は全くわからない。 対面でいつも工藤の横に並んでいる海老茶の裃の近江小藤太と八幡三郎が、お家横領を企む側と忠義心の篤い側に別れていたとは。石段の場を見てはじめて知りました。へぇと思ったけれど へぇと思っただけでした。がんどうがえし付き。 大磯曲輪外の場は、だんまりでした。
7月の一番のお楽しみは、海老蔵さんの復帰。 こんなに我慢して待っていたのに 勧進帳に春興鏡獅子もなんて、贅沢すぎ。発表を聞いたときには、そんなにすごすぎないものでお願いしますと思いました。 病み上がりに、ステーキだされるみたい。まずは お粥からお願いしたいわと。 でも、ステーキ食べてみたら案外ペロリと食べちゃいました。
うれしいのだけど、やはり いろいろ目につくところもある。 そして、長い踊りなのに 長さを感じさせないひきつけるものがありました。 獅子はとにかく格好よかった。毛振りは、はりきりすぎぎみ。はりきり廻し以外は美しかった。決めるところは きちっと決める。形が決まっているとき なんだか遠くをみている感じがした。 荒涼としたところに毅然としているただずんでいる獅子でした。そこが印象的だった。  (きりっとした後見は新十郎さん)
夜の部の最後は、「江戸の夕映」。筋書をみてみるとこれは松緑・菊之助・海老蔵時代に演じていたのですね。てっきり三之助かと。印象深かったので ついつい自分の思い出と照らし合わせつつ観る。 年配者(團さま・福助さん)との会話になると やりとりに膨らみが出る。 若者どおしのときに出るひたむきっていうのもいいけどね。味わいつつみる。
船宿の娘さんは、宗之助さん。うまいし、かわいらしい。萬次郎さんといい、台詞をきいているとすーっと時代ものの世界に入ることのできる。橘太郎さんも。とってもよかった。
こちらも大佛次郎作品。そうそう、こういうのを歌舞伎でみたいんです。(これは楊貴妃を演目として選出したことへの意見。) 細かな機微も効いていました。物言わぬところの心情を感じつつみる。いいねぇ。
徳川の世が終わるころの時代。 海老蔵さん演じる小六は、まっすぐな気性の持ち主。けなげに信じて黙って待つお登勢 ちゃんは 壱太郎さん。お登勢ちゃんの従兄弟で朋友の堂前大吉に團さま。お相手はきっぷのいい柳橋芸者のおりき 福助さん。 今の大河ドラマでは徳川の世はまだはじまっていないけど、こうやって終わる日もくるんだなと思う。 それぞれの信じるものに、方向がかわっても一生懸命な 明治元年の人達の思いを楽しく観ました。
ああ、三之助の組み合わせの歌舞伎がみたいなぁ。

|

« さや侍 | トップページ | 七月大歌舞伎 昼の部 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七月大歌舞伎 夜の部:

« さや侍 | トップページ | 七月大歌舞伎 昼の部 »