« とうとう | トップページ | 島鵆沖白浪 その参 »

2011年7月 5日 (火)

七月おかえりなさい大歌舞伎

ワクワクしながら、初日の演舞場に行って参りました。
待ってました~
昼夜みっちりみてきました。 なんだか感極まってしまい、どう思ったのだろうと振り返ると??自分の気持ちがよくわかりません。後日、ゆっくりと再見します。
とにかく印象的だったのは、復帰の演目。歌舞伎十八番の内 勧進帳。幕があがるまえの 高揚感がすごい。昼は、2階の左脇から鑑賞。そのため、舞台だけでなく 劇場中の感覚も体感。 「いよいよなの?そうなの?本当にでてくるの?」 この日一番印象深かったのは、この幕のあく前かもしれない。 幕にむかって大向こうがかかり、ぱらぱらっと思わず叩いてしまった拍手が起こり 消え また起こり。 緞帳があがり 松羽目に鳴りものがずらっと並んだところで、まず どっと拍手がおこる。 そして揚げ幕があがり 富樫が登場。
わぁ。 登場し、名乗り台詞をいうために止まったところで また、大きな拍手が。 出てきました、本当に。 ご本人も、ぐっときてしまったのではないでしょうか。 気持ちを落ち着かせるためか、この場をかみしめるためか。 ものすごく抒情的な富樫でした。 でも、この日はこれでいいと思う。 なんだかもう、3人分の富樫をぐーっと凝縮したような 気持ちが3Dでうきでてくるような富樫でした。 富樫左衛門にて候と名乗っただけで、また大拍手。 もうね、待っていたこっちとしては手をたたかずににはいられませんでした。 弁慶の團さまが出てきてまた拍手。ああ、揃った。 また感動。 気がつくと、梅玉さんの品のよい懐の深い義経がしっかりと控えていました。 ああ、そうだ義経のためだったなぁと思い出すことができました。 言葉にならない大きな思いを 見ました。 こんなすごい空気は、滅多にない。 鳴りものの気迫もすごかった。舞台の弁慶と富樫のテンションも、客席のテンションも 異常に高い中、なお あの場を盛り上げる音曲を出すというのは、パワーのいることであっただろう。 巳紗凰さんのお姿がみえたのがうれしかった。
泣いちゃうかも っていう会話があちこちから聞こえた。この日に駆けつけるような人は、とにかく大好きな人達。小泉元首相とかね。 盛り上がるだけ盛り上がった中 登場し、更に我々を盛り上げちゃう男でした。 おかえりなさい。 どんな勧進帳だったかは、よくわからない浮かれっぷり。 「観た。」って感じがしました。
春興鏡獅子もそう。 夜の部は、母も駆けつけました。こんどは最前列で♪ あまりにも前だと、さっき感じた劇場中の興奮は わからない。それは、あまりにも近いから。 目の前でみても、本当にみているのだかなんだかわからなくなってきました。 いろんなことを考えながらみたような、何だか考えられず没頭してしまたような。
小姓弥生ちゃんの時の海老蔵さんは、丁寧に柔らかく踊っていました。伏し目がちで 弱気にみえるほど優しく。 獅子になってもどってきたとき、あれ?前はあんなに大きかったのにとちょっと思う。 獅子になってから どんどんどんどんと 少し大きくなったいった。俺をみているであろうオーラが少しだけ 出かかっていました。 確かめるように、かみしめるように、演じているように感じた。 これも、ぽーっとしてのまれてみてました。
昼の楊貴妃には、ポカンとしました。ザ福助ショー。 なぜこれを?なぜ復帰のときに中国人を? 夜の最後の「江戸の夕映」をみて、おりき姐さんの方がずーっと粋できっぷがよく かっこいいですぞ 福助さん、と思う。
「江戸の夕映」は、三之助が 演舞場で演じた友情物語の時より、ちょっと大人のおにいさん(團さま)・おねえさん(福助さん)に守られる 悩める小六青年(海老蔵さん) とけなげなお登勢ちゃん(壱太郎)という組み合わせになりました。 今回のおかえり歌舞伎には、いい配役ですが また三之助で(元三之助で)観たいなぁと思う。
浮かれポンチは、一日中幸せでした。 どうもありがとう。 おかえりなさい。

|

« とうとう | トップページ | 島鵆沖白浪 その参 »

コメント

>幕があがるまえの 高揚感がすごい。
いいですね!
海老ちゃんおかえりなさぁ~~~い!!
またあのどきどき感やらわくわく感、きゃぁきゃぁ感が戻ってくるのね ^^ よかったよかった♪
10月の御園座では、お酒を飲まないように縛られちゃう(笑)棒しばりだよ~洒落が利いてるわね。結局飲んじゃうんだけど・・・(笑)
とにかく、海老ちゃんが戻ってきてよかったです!
そういえば・・・もうすぐパパにもなるんだね~。

投稿: 恵美 | 2011年7月 7日 (木) 14時07分

恵美さま

濃厚な空気でした。
かみしめるように、たしかめるように、丁寧に丁寧に演じていました。 舞台の日々を重ねて、また みんなをきゃあきゃあ言わせる、「俺をみよ」オーラもだしてくると思います。
10月の御園座は、「棒しばり」がありますね。しばられても飲んじゃうぞ。 「江戸の夕映」でも、とっくりを並べてのんでいる場面があって、ああ おかわりしちゃダメと そっと思ったりして・・・
とにかく、かえってきてくれてうれしいです♪
おかえりなさ~い~

投稿: マイチィ☆ | 2011年7月 7日 (木) 22時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七月おかえりなさい大歌舞伎:

« とうとう | トップページ | 島鵆沖白浪 その参 »