« 『有頂天家族』 | トップページ | 島鵆沖白浪 その四 »

2011年8月 8日 (月)

『パラダイス・キス』

矢沢あいの『パラダイス・キス』(Feel コミックス) おさるさまにお借りして、5冊一気読み。シアワセなり。
北川景子ちゃん主演の映画だから気になると思ってました。受験に向けた勉強だけの日々を送る冴えないが素質(美貌 及び プロポーション 及び 高身長)を持つ女子。
天才的なデザイン能力があり、かつ冷たい 美貌の男子。 そんな現実離れした世界の物語なのに、漫画とは思えない、シビアというか現実的なエンディングに、やや驚く。
モデルをみると、モデルは百年経っても字なんて書けない というキルの名台詞を思い出す。 今でも。 そのぐらい、どこか人としてのバランスが崩れてしかるべきと思う程のプロポーションの人の話であった。 5冊も読んでおもしろかったのにこんな感想ですまん。

|

« 『有頂天家族』 | トップページ | 島鵆沖白浪 その四 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/41137178

この記事へのトラックバック一覧です: 『パラダイス・キス』:

« 『有頂天家族』 | トップページ | 島鵆沖白浪 その四 »