« 嶋鵆沖白浪 その六 | トップページ | 『九つの、物語』 »

2011年10月18日 (火)

『別冊 図書館戦争I』『別冊 図書館戦争II』

夏に読んだ本。どちらも発売日に本屋さんに買いにいったなぁ。月日の経つのは早いね。 有川浩の『別冊 図書館戦争I』『別冊 図書館戦争II』(角川文庫)を読みました。完結した図書館戦争もの のスピンオフ小説。図書館戦争 ファースト、セカンドと読んで欲しいらしい。
図書館戦争シリーズの5冊目、6冊目でなくスピンオフ小説。本編とは別に「『別冊」とするくくりの色濃いところが面白い。
「恋愛度の高い一冊」と書かれていました。どれも高いじゃんと思って読んだら、本当に高かった。読んでいて持てあますほど。自分の中に若さが失われていることを、なんだか実感させられちゃった。
最後の一冊は、柴崎と手塚のおはなしに決まっているわと思って読みました。あとは玄田隊長のもね。 緒形の話もあるとは。緒方の男気とじわじわと染みました。その後の事情を踏まえた周りの男たちの男気がいい。引きずる想いのどうにもならなさがいい。なかなか。
柴崎と手塚の話はキツかった。困難をきっかけとしてくっつく2人というのは、定番の図式ですが その困難がキツかった。 やっかいな事態を引き起こす人の持つ心の闇。 深く辛い何かがあるのでなく、あまりにも浅く自分勝手な理由。全てが明るみに出た後、彼らに罪の意識すらない。「だってしょうがない。」「あの人のために自分はこんな目にあった。」  自分以外が悪いというその感覚に、ぞーっとした。 そして、この理解できない理屈をもつ人は、現代では 特別なことでなくざらにいる。そこが恐ろしかった。
これで、シリーズ幕引き。楽しかった。 終わりといわれるとなんだか寂しい。どの本もガラスの仮面みたいにいつまでも続いてしまうと、それはそれで困るのだけれどもね。

|

« 嶋鵆沖白浪 その六 | トップページ | 『九つの、物語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/42580286

この記事へのトラックバック一覧です: 『別冊 図書館戦争I』『別冊 図書館戦争II』:

« 嶋鵆沖白浪 その六 | トップページ | 『九つの、物語』 »