« 『魏志痴人伝』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎・第2部 »

2012年1月26日 (木)

新春浅草歌舞伎・第1部

20122新春浅草歌舞伎。今年は、一気に第1部・第2部と通しで みてきました。先週末のこと。
浅草公会堂に向かう途中、出勤中の種之助くんとすれ違う。育ちのよさそうな少年でした。
第1部のお年玉の年始ご挨拶は、種之助くん。父 又五郎さんとよく似ているいと言われる。演舞場に確認においでくださいと。10代の子が親の舞台を宣伝ってとおかしい。浅草の夜の部もお願い致します。勘太郎にいさん・亀治郎にいさんの襲名もお願い致します。父と兄の襲名も、まだ残っておりますのでお願い致します。とにかくいろんな舞台をお願いしまっくっていて微笑ましかった。 確かに又五郎さんにそっくりだなぁ。こんなに似ていたかしら。
1部は、「南総里見八犬伝」から。八犬伝って、この場の組み合わせの上演ってよくあるものなのでしょうか。いい塩梅に流れがあり 奇想天外さがあり 人を飽きさせない。富山山中の場。伏姫に春猿さん。若手にこの人がいると場が締まるというポジションになっていました。懐妊中に傷を受け、命果てる前にと自ら腹を裂く。ひえーーー。それを綺麗にみせる。ぎょえーー。 お腹から 八つの玉が出てくる。光ってきれい。
大塚村庄屋蟇六内の場。亀治郎さんが楽しそうで。それをみているだけでよかったねと思う。 亀ちゃんの庄屋蟇六じいさんと一緒に出てくるのが 竹三郎さんの女房 亀篠。大御所の2人って貫禄。 強欲っぷりがものすごい。うまいねぇ。 いたぶられるのは 犬塚信乃の歌昇君。けなげに耐えるが、若君はちょっと抜けて大切な足利家の宝剣、村雨丸を床の間においてっちゃう。 あー。蟇六娘浜路には壱太郎くん。 けっこうグイグイ 歌昇君にせまる。みまもる薪車さん。亀鶴さんの裏ぶれたひっかきまわし役っぷりもいい。 若手公演とは思えない 舞台がスカスカにならずしっかりしていました。男女蔵さんも中堅どころの手堅い働きっぷり。歌舞伎界の未来は明るいと思った。
円塚山の場。ここで突然八犬士が勢ぞろい。この人誰という人が突然いっぱいでてくる。愛之助さんなんて、迫力ありすぎて最初は悪い人かと思った。有無を言わさない勢ぞろいっぷり。犬山道節・亀ちゃん、犬塚信乃・歌昇くん、犬田小文吾・種之助くん、犬坂毛野・米吉くん、犬江親兵衛・隼人くん、犬飼現八・愛之助さん。力士姿の種之助くんはりりしくて、お父さんを一周り小さくしてツルンと若くした感じ。おお、いいじゃん。犬江親兵衛・隼人くんにもびっくり。結構 キッとした力強さがありました。 一番のびっくりは、米吉くんの犬坂毛野。これ、米吉くん?かわいい。あのムックだかガチャピンだかっぽい キャラクターを思わせるあのお目々が少々トロンとした色気のようなものさえあるような。 すごい。こりゃ、これからも楽しみです。 若手は芝居をしっかりみせてくれ、超若手もきっちりがんばる。楽しかった。こういうよさが浅草歌舞伎なのだなぁ。
最後に「吉田屋」。愛之助さんの藤屋伊左衛門。首をかしげる角度といい、甘ったれぶり すねっぷりと 仁左衛門さんをよく研究している。 にくめないボンボンの風情がでていました。最後になぜだか親に勘当を許される。こんなボンボンを許したら、店の身台が傾くなぁ。まぁ、いいか と思わせる雰囲気がありました。夕霧に壱太郎くん。えー壱太郎くんがとおどろいたが、けっこうしっとりと奮闘していました。 昼も夜も フューチャリング壱太郎くんです。 奮闘といえば太鼓持ち、吉太郎くん。 御立派。 おませで生意気で調子のいいけど、憎めない太鼓持ち。太鼓持ち魂を感じました。丁寧ですし、よく伊左衛門をみて動いていて あっぱれでした。
吉田屋喜左衛門夫婦には、竹三郎さんと春猿さん。こういう方がいると舞台がしまる。しまるし、春猿さん自身 充分華やか。伊左衛門ののどかさが活きる受けこたえでした。
この演目の組み合わせは、歌舞伎見始めの若い人にむいていそう。場面場面に楽しませる工夫が多く 筋がわかりづらくても気にならない。何より若い人がいっぱい活躍しているし。3階席にいたお若い方々がキャッキャッいいながら筋書きをみていました。楽しそうでこちらもにっこり。

|

« 『魏志痴人伝』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎・第2部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/43883814

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎・第1部:

« 『魏志痴人伝』 | トップページ | 新春浅草歌舞伎・第2部 »