« 『絲的炊事記 -豚キムチにジンクスはあるのか-』 | トップページ | ストリート・ライフ ~ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち~ »

2012年1月29日 (日)

『絲的メイソウ』

引き続き 絲山秋子の『絲的メイソウ』(講談社文庫)を読む。名営業ぶりを読んで、働くのもいいじゃんと思う。確かに女性営業に言われて まんざらでもない顔をしている男性社員をというのをよくみる。 女力を使ってとは思わない。キャピキャピした娘ッ子ではないので。 世渡りできる腕を持つ人の技は面白い。 いい気分にさせる=商売につなげる という明確な図式をどうどうと言うところがいいなぁ。 薄毛好きとか、徹底的に否定しまくるところとか、変テコですてき。 みな、「自分好み」という癖をもっているのに、こんなに面白く自分を紹介することはできない。プロのエッセイ。恋して何も手につかなくなることを無駄と言いきるところがいい。翻弄されたくせに。かっこよく、たまにかわいい。あれ?最強じゃん。

|

« 『絲的炊事記 -豚キムチにジンクスはあるのか-』 | トップページ | ストリート・ライフ ~ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/43912929

この記事へのトラックバック一覧です: 『絲的メイソウ』:

« 『絲的炊事記 -豚キムチにジンクスはあるのか-』 | トップページ | ストリート・ライフ ~ヨーロッパを見つめた7人の写真家たち~ »